2009/05/31

サイクリング Cycling

息子の本を見ていたら、じっとしてられなくなりました!


ということで、行ってきました!

菅原城北大橋-万博記念公園(往復約22.2Km)*家から往復約26Km
【本による情報】菅原城北大橋→(3.7Km、15分)→摂津市防災ステーション→(4.9Km、35分)→須佐之男命神社→(2.5Km、20分)→万博記念公園

レッツ サイクリング~♪


View Larger Map

出発地点は、菅原城北大橋(通称:100円橋) 北側、


淀川北岸を東行、


ヘリポートが見えたら・・・


左へ側の道へ、


東海道新幹線の高架を抜け、


安威川を渡り、


阪急京都線の踏み切りを渡り、


JR東海道線の高架を抜け、


須佐之男命神社の横を通り、


千里丘を登る坂道で休憩。
「元気ハツラツぅ?」と、復帰した草なぎくんと乾杯♪


もうちょっとで、もうちょっとで、アレが見えるはず!!!


見えた~! 太陽の塔\(^_^)/ 万博記念公園に到着!


地下鉄とモノレールで行くと、自宅から45分ですが、自転車だとその倍はかかりそうです。


無事、帰ってこれました(‐^▽^‐)



行きは、写真を撮ったり、何度も道に迷ったりで、城北大橋から万博まで1時間30分かかりました。帰りは、下りで迷わなかったので、50分。風がなかったのでそれほど疲れませんでした。

今日は、万博記念公園に入場しなかったのですが、次回は入場して日本庭園を周りたいな~!

万博までは無理かな・・・と思っていたのですが、意外と行けました!
久々に心地よい達成感が味わえました(*^▽^*)


.

イスラエル Israel מדינת ישראל

This post is dedicated to S.("Israel - Nature"), a reader of this blog and whose blog I also follow.



No matter what translation tool is used, Finnish is so hard for me. But I love her deep feeling for nature. I feel it from her beautiful pictures.



I have a camel carved in wood. My cousin has been to Israel. To the best of my memory, it's a Israel souvenir.





It's a other little camel.





I took some pictures to show her them at Hanahakukinen-Tsurumiryokuchi-Park before.

The International Garden and Greenery Exposition,Osaka,Japan.

The exposition was held from April to September in 1990.

There is a mere shadow of what one used to be.





























I'm interested in Israel. (^-^)







イスラエルの聖書庭園と聖書の植物
 イスラエルの地は、地形の変化に富む国です。同じく気候も、温帯性気候の北部から南の亜熱帯性乾燥地まで多様です。この多様性と厳しい気象条件が、昔からイスラエルの人と社会に、大きな影響を及ぼしてきました。聖書には、雨、ひでり、暑熱、寒冷が、詩、諺、祈り、呪い、そして祝福の中心テーマとして描かれています。特に水は一番大切な問題であり、聖書時代人間の生存は穀物を育てるだけの水があるかどうかにかかっていました。
 植物が神の創造のひとつとして初めて指摘されるのは、創世記第一章です。そこには、「そして神は”地は植物、種を生じる草、種類に従って、その中に種のある実を結ぶ果樹を地の上に芽生えさせよ”と仰せられた」と書かれています。
 ヘブライびとと植物世界との結びつきは大変強く、それは、三つの大祭が農業暦に従って開催される点にもうかがえます。過越祭は、大麦が稔る春、夏の初めにくる、七週祭は、丁度麦の刈入れどきにあたり、収穫祭として祝われます。3つ目の仮庵祭は、果物のつみとりを祝う秋の祭でもあります。この祭でヘブライびとは、大地の豊饒を神に感謝する象徴として、四種の植物を手にして祈るように命じられていました(レビ記)。
 聖書の詩のなかで特に親しまれ愛唱されているのが、雅歌です。雅歌は、羊飼いの若者と乙女、或いは王子と王女といった愛する若いカップルの対話で構成されています。可憐な野の百合、ばら、香油、そして古代人をとりこにした蠱惑的な香水などが詩をいろどり豊かな情感と香気をかもしだしています。






イスラエル 聖書庭園
 聖書時代の庭園の性格は、段丘耕作、灌漑法、樹木の三つで決まりました。イスラエルの国土は山地が多く、岩石をとり除き段丘状に整地して、やっと耕作可能になります。イスラエルは半乾燥地であり、特に丘陵地帯には水源がありません。そこで、山のなかの水を含む地層から水を運び、一滴も無駄にしないようしかも段丘にくまなくいきわたるように、灌漑しなければなりませんでした。主な作物は、大麦小麦、野菜、果物でした。園芸作物として一番大切なのが、平和と長寿そして富の象徴であるオリーブでした。ほかにも重要作物として、なつめやし、ざくろ、アーモンド、木の実などがありました。勿論、葡萄も忘れてはなりません。
 現代イスラエルの農業は極めて進んでいます。しかし乾燥地問題に対応しなければならない点では、昔も今も変りはありません。古代イスラエルでは、人間の手で慎重になされていた水の管理は、今では点滴灌漑を含めコンピュター制御による水の自動管理が行われています。このおかげで水の使用量からみた収穫量は10倍になりました。作物の種類も驚くほど増えています。農業従事者は人口の僅か5%ですがイスラエルはその需要をすべてみたすだけでなく、かなりの量を輸出しています。








イスラエルの聖書庭園と初期のシナゴーグ
 シナゴーグ(ユダヤ教の教会)の出現は、とりわけ第二神殿の破壊(紀元70年)後に生まれたものは、古代のユダヤ教においてまさに革命的な発展といえます。シナゴーグは、宗教儀式に新しい概念をもたらしたものです。
 シナゴーグのなかにおける祈りのリーダーシップは、すべての参会者に開かれていました。そこで挙行される儀式は、参会者全員がはっきり見える前で、とりおこなわれました。礼拝の形も又劇的に変りました。曽ては、神に仕える手段として燔祭がささげられましたが、それに代って祈りと研鑽が中心となってきました。シナゴーグが神殿と違う点が、あとひとつあります。神殿はエルサレムの至聖所に唯一つ建てられるものとされましたが、シナゴーグは、イスラエルの地、及び海外の離散の地で、都市の大小に拘わりなく、そして又城壁の内や外にも建てることができました。
 本庭園のモザイクは、イスラエル北部にある二つの古代シナゴーグの完全なレプリカです。十二宮モザイクは、円状に十二ヶ月をそれぞれの象徴とヘブライ語名で配したもので、四つの隅は四季を示し、果物と鳥で囲まれた女性として描かれています。長方形のモザイクは、律法(トーラ)の聖櫃を描いたもので、一方に七枝の燭台(メノラ)が描かれていますが、礼拝用のシトロン、なつめやし、ミルトス(ぎんばいか)、川柳、雄羊の角笛、香炉がみえます。






フロアのモザイク及柱頭
中央:ベイト・アルファ、シナゴーグの十二宮モザイク。円状に十二ヶ月を配し、それぞれの象徴とヘブライ語名が書かれている。
上:テイベリアの古代シナゴーグ。律法(トーラ)の聖櫃、七枝の燭台(メノラ)のほか礼拝の品が描かれている。右:なつめやしのモザイク。ビザンチン時代の教会のもの。
手前:大理石の柱頭。ローマ時代、北部イスラエルのシナゴーグに使用されていたもの。




.

2009/05/30

せせらぎ Babbling Stream

今日の気分は、「北海道ぉ~!」\(^O^)/


いつも、いつもの鶴見緑地公園(Map)です(;^_^A
今日は、ポプラ並木の近くの「緑のせせらぎ」付近でのんびりしました。


ワンコと一緒です(*^▽^*)


水辺ではしゃぐ子供達


アジサイの絵を描いている人


追いかけっこをしている子供


上↑の写真ではわかりにくいですが、かわいい花がたくさん咲いています。
サラサウツギ(更紗空木、学名:Deutzia crenata f. plena)、アジサイ科(ユキノシタ科)ウツギ属


ヘビイチゴに似たこの花は・・・
キツネノボタン(狐の牡丹、別名:コンペイトウグサ、学名:Ranunculus silerifolius)、キンポウゲ科キンポウゲ属

これは有毒植物で、誤って食べると口腔内や消化器に炎症を起こし、茎葉の汁が皮膚につくとかぶれるそうです。ご注意!

このあたりの木陰は本当に気持ちがいいです♪
レジャーシートを持って行けばよかったな~(‐^▽^‐)


.

2009/05/29

淀川 ワンド Yodo River

犬の散歩、足を延ばして淀川まで行ってきました。
o(^^ )o--------⊆^U)┬┬~

淀川の城北ワンド


風が強くて、あまり人がいません。



View Larger Map


(追加写真 2009/5/31)



『ワンド(湾処)は、川岸に石や土で,川の流れから区切られた入江のような淀みで、ワンドには特有の生態系が形つくられ、天然記念物の稀少種イタセンパラの生息地としても注目されています。』

・・・というのは、非常に残念ながらもう過去のことです(T_T)
イタセンパラどころか、タナゴすらいないと思います。
いるのは、外来種のブラックバスとブルーギルばかりです。
夏には、外来種のウォーターレタスが大繁殖します。異様です。
少し下流の毛馬閘門(けまこうもん)には、ヌートリアもいるし。
どうなってきたのでしょう?

それに加えて、今日見つけたショッキングピンクの卵。
これも外来種のスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の卵なのだそうです・・・
こんなの、4・5年前には無かったのに・・・


ガンバレ! ニッポン在来種!
もう、戻らないのかな・・・(_ _。)


これは、お気楽な我が家のワンコ。
最近、シロツメ草の上がお気に入りです。
シロツメ草を見つけると、座り込んで動かなくなります。
ひんやりして気持ちがいいのでしょうね(^-^)



.

ベランダからの景色 view from the balcony

私が住んでいるアパートは、外壁の大規模修繕を行っていて、
2ヶ月ほどの間、外には足場が組まれ、シートで覆われていました。

外の景色が見えないのは、本当に滅入ります・・・(_ _。)
足場を工事の人が歩くと、ペットの犬はワンワン吠えるし・・・
それがあるから、昼間外出しにくいし・・・(T_T)

でも、やっとそのシートが外されました(・∀・)
空が見えるだけで幸せを感じれますo(^▽^)o


緑や花も見れます♪



でも、やっぱり上からだと物足りないので、下りました 三 (/ ^^)/




だんだん色づいてきました♪


蜂が、蛾の幼虫を捕まえて巣に運んでいました。
重くてちょっと休憩中?
セグロアシナガバチ(スズメバチ属)



なにより、洗濯物を日にあてて干せるのが嬉しいです(^-^)


.

2009/05/28

外国語の響き Sound of foreign language

言葉がわからなくても、外国の人のブログを見るのは楽しいです。知らない言葉がたくさん並んでいても、スマイルマーク:)が出てくると、「あっ、この人、ニコニコ楽しいことを書いてる!」と嬉しくなります(‐^▽^‐)

文字だけじゃなくて、どういう風に読むのか聞いてみたいです。その人が話す外国語の響きを知りたいです。
同じ内容のことを、様々な外国語で読むのを聞き比べたいと思った時、挨拶程度ならあるのですが、文章となるとなかなかありません。

そこで、たどり着くのは、やっぱりアニメ!!!

アニメ「ONE PIECE」のオープニングソングは、ナレーションが入ります。特に、「ウィーアー!」は、ゴールドロジャーの語りも入ってかっこいいです(o^-')b

これらのYouTubeは、以前のブログでも記事にして載せたのですが、その後、ナレーションの部分のテキストを探し続けていました。全く知らない外国語で検索するのは、難しいです。。。
歌詞は載っていても、ナレーション部分がありません。やっと、英語、スペイン語、ドイツ語のナレーションを見つけました。

歌自体も、もっと他の言葉バージョンがあるかもしれないし、そのナレーション部分のテキストも知りたいです。もし、知ってる方がおられましたら、教えていただけると嬉しいです(^-^)

I want to figure out narration in "ONE PIECE".
If anyone could give me the text, I would be so happy.


【Japanese】 One Piece - We Are! 
>
富、名声、力 
この世のすべてを手に入れた男、海賊王 ゴールド・ロジャー
彼の死に際に放った一言は、人々を海へ駆り立てた。
「俺の財宝か? 欲しけりゃ くれてやる。
探せ!この世の全てをそこにおいてきた!」
男達はグランドラインを目指し夢を追い続ける。
世はまさに、大海賊時代!

Tomi, Meisei, Chikara.
Kono yo no subete o te ni ireta otoko, kaizoku ou Gold Roger.
Kare no shinigiwa ni hanatta hitokoto wa, hitobito o umi e karitateta.
"Ore no zaihou ka? Hoshikerya kurete yaru.
Sagase! Kono yo no subete o soko ni oite kita!"
Otokotachi wa Grand Line o mezashi yume o oitsuzukeru.
Yo wa masa ni Dai-Kaizoku-Jidai!


【English(英語)】

Wealth, fame, power...
Gold Roger, The King of the Pirates,
obtained this everything else the world had to offer,
and his dying words drove countless souls to the seas.
"You want my treasure? You can have it!"
"I left everything I gathered together in one place!" 
"Now you just have to find it!"
These words lured men to the Grand Line,
in pursuit of dreams greater than they've ever dared to imagine!
This is the time known as the 'Great Pirate Era'!

(私の感想)英語が苦手な私でも、文字を見ながらなら聞き取れます。知ってる単語の響きががあるので、安心して聞けます。

【Español(Spanish,スペイン語)】

Ay el oro, la fama, ¡el poder!
Todo lo tuvo el hombre que en su dia se auto- proclamó el Rey de los Piratas: Gold Royer.
Más sus últimas palabras no fueron muy afortunadas...
"¿Mi tesoro? Lo dejé todo allí, buscadlo si quereis!"
"¡Ojalá se le atragante al rufián que lo encuentre!"
Y todos los lobos de los 7 mares partieron rumbo a Grand Line,
y así comenzó: La Gran Batida!

(私の感想)スペイン語を聞く機会はほとんどありません。なので、聞きながら文字を目で追っても、どこを読んでいるのかわかりにくいです(^_^;)  lobos(ロボスはオオカミ?)、7 mares(マレは海)は、スペイン料理の店の名前で知っています。歌の部分の"acecharan..." (女の人の声)は、 「アッペチャラ」と聞こえるのですが、たぶん違うのでしょうね(^▽^;)

【Català(Catalan,カタルーニャ語)】

???

(私の感想)映画「サルバドールの朝」(Salvador)を観てからとても興味のあるカタルーニャ語。カタルーニャ語は、話者数が少ないと思うのですが、たくさんの日本のアニメが吹き替えられていて、親近感が湧きます。ナレーション部分も、歌の部分もテキストを知りたいです!!!

【العربية(Arabic,アラビア語)】
動画が削除されていました(T_T)

(私の感想)アラビアンっぽい音楽が流れる中、アラビア語を聞くと独特な響きで聞こえるけど、「ONE PIECE」の主題歌はかっこよかったです!もう一度聞きたいけど、アラビア語の検索は、難解を極めます(x_x;) もう二度と聞けないかも・・・

【Português(Portuguese,ポルトガル語)】

???

(私の感想)歌詞は見つかったのですが、ナレーション部分は見つかりませんでした。ポルトガル語になると、全く聞いたことがありません。でもこの歌を聞くかぎり、聞き心地はいいです!日常の言葉の中にはポルトガル語から日本語になった言葉がたくさんあります。caramelo(キャラメル)、biscoito(ビスケット)、confeito(金平糖)、ombro(おんぶ)、tempêro(てんぷら)などなど他にもいっぱい。日本人が聞き取りやすく口にしやすい発音が多いのでしょうか?

【Deutsch(German,ドイツ語)】


Reichtum, Macht und Ruhm.
Der Mann, der sich dies alles erkämpft hat, war Gold Roger,
der König der Piraten.
Als er hingerichtet wurde, waren seine letzten Worte:
"Ihr wollt meinen Schatz?
Den könnt ihr haben.
Sucht ihn doch!
Irgendwo hab ich den größten Schatz der Welt versteckt."
Dieser Schatz ist das One Piece.
Und er liegt irgendwo auf der Grand Line.
Damit brach das große Piratenzeitalter an.

(私の感想)ドイツ語は、意味がわからなくても、ドイツ語だってわかります!ナレーションは同じ内容でも、歌がドイツバージョンになっていますね。どうしてなのでしょう?
One Piece - nananananananananana
ドイツ語では、nananaとハミングするのでしょうか?
日本語では、ラララ~♪(rarara)です。


【Italiano(Italian,イタリア語)】


(私の感想)「ONE PIECE」だけでなく、イタリアで放送される日本のアニメは、ことごとく歌詞もメロディーも全部イタリア版になっています。 Cristina D'Avenaという方が歌われていることが多いです。イタリア語は、日本語の歌詞でつくられたメロディーには、乗せにくいのでしょうか?不思議でなりません。元々の日本語の主題歌とはイメージが全く違い(正反対で明るい!)びっくりすることがあります。国民性で、明るい歌が好まれるのかもしれません。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ここに載せたYouTubeは、TV放送版なのか、DVD版なのか、ファンが作ったカラオケ録音版なのかわかりません(-"-;A 確かなのは、テレビ放送の日本語版は、まちがえなくこれ!ということです(^-^)/


.

2009/05/26

くわばらくわばら Touch Wood!

日本には、「くわばらく、わばら」(Kuwabara Kuwabara)という呪文があります。
(1)落雷を防ぐために唱えるまじない。
(2)嫌なことや災難を避けようとして唱えるまじない。

外国では、(2)の意味合いの時、次のように言うみたいです。
(Knocking on wood keeps away bad luck.)
イギリス Touch wood!
アメリカ Knock on wood!
フランス Toucher du bois!

木に触れるおまじないって、私も小学生の時からやっていました。不吉な予感がする時には木(木製のもの)を3回叩いていました。これって何で知ったのだろう? このことがあって、木は自分を守ってくれるものという考えが私の中に浸透したのですが。。。

それはさておき、"Touch wood!"の語源についてはWorld Wide Wordsに説明がありました。

語源ははっきりしていないけど、このように言われているようです。
・神聖な木(オーク、トネリコ、セイヨウヒイラギまたはサンザシ)の霊に話しかける西暦紀元前の儀式から。
・木を叩くことで、妖精たちから幸運を分け与えてもらっていることに対する感謝の気持ちを表している、という古代アイルランドの言い伝えから。

古代アイルランドというと、ケルトの木精信仰にも関係しているのでしょうか? 興味深いです^^


木精、ケルトというと、私のブログの右側に、「木星占い」のブログパーツを設置しています。誕生日を入れるだけなので、ぜひお試しください!

木精とは、樹木に宿る神様や精霊のことです。木精は、それぞれの樹木の性質や神秘の力を携えています。また、私たちは誰もが1本の樹木を持って生まれてき、その「守護樹」の木精によるメッセージは、生きる力として私たちの人生を正しい方向へと導いてくれています。この「木精占い」は、自然への敬意を払い万物には精霊が宿っていると信じたケルト民族の樹木占い(守護樹占い)が、ベースとなっています。樹木は私たちの親友になれます。あなたの守護樹を知り、あなたが本来持っている魂を取り戻すために、木精と対話してみませんか?

この占いは、日本の季節や、日本の樹木にあわせて作成されています。
これによると私の守護樹は、「エノキ」(Japanese Hackberry)です。

また、海外のケルト占いThe Celtic Horoscopeによると、私の守護樹は"Cedar"(ヒマラヤスギ)になります。

英語は、内容がわかりにくいので・・・(^_^;)
日本人向けの占いの「エノキ」を私の守護樹と思うことにしました。

自分を守ってくれる樹があるというのはなんだか心強いし、公園に行っても、山に行っても、楽しみが増えます♪

さっそく気になる「エノキ」を探しに、大阪城公園に行ってきました!
大きなエノキがたくさんありましたよ!
エノキ(榎 Celtis sinensis var. japonica)はニレ科エノキ属の落葉高木。

刻印石広場近くの坂。


坂の上からなので高い所の枝も見れます。


天守閣北側


旧大阪市立博物館前






なんだかコンクリートを流し込んだように広がる根。これはまだあまり発達していませんが、木が大きくなるにつれ根が「板根(ばんこん)」(板状)になり、自分自身を支えるようです。




追手門前 植樹の場合、エノキは落葉なので、常緑のクスノキとセットで植わっていることが多そうです。


大阪城で一番大きなエノキは梅林にあるようです。
見落としてしまいました(><;)
次は、実が赤くなる頃が楽しみです♪

Your luck'll change If you knock on wood.(^-^)/
Touch wood!

*桐の花に続いて、葉の写真も撮ってきました。花の記事に追記しましたので、よければご覧ください。こちらです。


.