2011/01/30

若手能 二十回記念五番能

今年最初の1月は、『日本の古典芸能に親しむ月間』と去年から計画していまして、
文楽、歌舞伎に続き、昨日は能を観に行ってきました。

こういうのを観に行っているのは家族には、内緒です。
別人格が現れたのかと心配をかけてはいけないですから(^▽^;)
な~んてことより、へそくりで行っているからです( ´艸`) ナイショ♪



能は、昨年12月に中之島図書館玄関で行われた野外ライブ(記事はこちらです)を
観に行った時から、とても楽しみにしていました。

テレビでやっていてもどうも観る気がせず、苦手意識の強かった「能」ですが、
思っていたよりずっと面白く引き込まれました。
予習なしで行ったのですが、鳥獣戯画風に書かれた漫画での解説がわかりやすく、
パンフレットの解説だけでも、なんとか内容についていけました。

また、中央やや左寄りの前方席という良席だったので、
すぐ目の前で繰り広げられる世界の音の響きとか、空気とか、気迫とかに圧倒され、
あっという間に3時間が過ぎました。(途中20分は休憩)

あっという間に、という中には、「吉野静」があまりに心地よかったため、
ちょっと記憶が飛んでしまった(-.-)Zzz・・・というのもあります(;^ω^A
つまらなかったのではなく、心地よかったのです。ホントです。

「小袖曽我」の兄弟2人が舞うところなんかは、対角線に移動する弟の方が
自分の方に向かってきて、吸い込まれそうな不思議な感覚になりました。
微妙な加速と減速で歩み寄ってこられる表情、空気は独特なものですね~。

以前観た「猩々」や、今回の「吉野静」のように静かな舞のものもいいですが、
初心者としては、動きのある「小袖曽我」や、「石橋」のようなものの方が面白いです。

狂言「腰祈」は、笑わせてもらいました~!
最近のテレビのお笑いは苦笑ものが多いですが、純粋に笑えました。

特に、獅子と牡丹は、このブログでもいろいろ書いてきたので、
能の世界での獅子が観れたのは感動ものでした。
このパンフレットの獅子が4匹も舞うんですよ。(白獅子1、赤獅子3)
見応えがありました!!!



また、笛、小鼓、大鼓、太鼓の音色というのも、かなり好き。


初めてとはいえ、中之島図書館での野外ライブの時におられた方も出演されていたので、
「あの方知ってる!!!」とわくわくしながら観ることができました。

この公演までには、能楽講座などもあったのですが、夜だったので参加できず・・・
受講していたらもっと楽しめただろうにな。残念。

今回のように前売り(2700円)+指定席(500円)くらいなら観に行きやすいので、
また機会があれば行ってみようと思いますo(^-^)o


平成23年1月29日(土) 
第二十回 能楽若手研究会 大阪公演
つぼみから花へ 若手能 二十回記念五番能
(場所)大槻能楽堂
若手能大阪公演ホームページ

五番立の能
江戸時代の中期以来正式とされたプログラムです。初めに翁があり能を五番演じます。能と能の間には狂言が入ります。「脇能物」翁の脇にくるのでこの名称があります。あらゆる神々を主人公とします。二番目物「修羅物」ともいい武将が主人公です。三番目物「かづら物」ともいい麗しい女性が主人公となる場合が多いです。四番目物は変化にとんだ曲趣のものばかりで面白ずくめの能です。主人公も様々で「雑物」ともいわれます。五番目物「切能物」ともいわれ鬼神や天狗などが登場します。


第二部 午後三時半始め
■観世流 能「吉野静(よしのしずか)」
シテ(静御前)立花香寿子、ワキ(佐藤忠信)喜多雅人、間(衆徒)善竹隆平、間(衆徒)上吉川徹
(笛)成田寛人、(小鼓)高橋奈王子、(大鼓)山本哲也
(後見)梅若吉之丞、多久島法子
(地謡)上田彰敏、上野朝彦、上田宜照、井内政徳、今村嘉太郎、武富康之、大西礼久、長山耕三

■宝生流 能「小袖曽我(こそでそが)」
シテ(十郎祐成)辰巳孝弥、ツレ(五郎時致)辰巳大二郎、ツレ(母)藪克徳、ツレ(母ノ従者)辰巳和磨、ツレ(団三郎)金井賢郎、ツレ(鬼王)朝倉大輔
(笛)斉藤敦、(小鼓)久田陽春子、(大鼓)亀井洋佑
(後見)辰巳満次郎、石黒実都 
(地謡)江渕陽三、藤井秋雅、今井基、田崎甫、亀井雄二、渡邊茂人、澤田宏司、金森良充、   

■和泉流 狂言「腰祈(こしいのり)」
シテ(祖父)小笠原匡、アド(山伏)泉慎也、小アド(太郎冠者)山本豪一
(後見)谷口尚功

■観世流 半能「石橋 大獅子(しゃっきょう おおじし)」
シテ(白獅子)大槻文藏、ツレ(赤獅子)武富康之、ツレ(赤獅子)長山耕三、ツレ(赤獅子)斉藤信輔
(ワキ)福王知登
(笛)藤田貴寛、(小鼓)荒木建作、(大鼓)森山泰幸、(太鼓)上田慎也
(後見)山本章弘、林本大
(地謡)井内政徳、今村哲朗、今村嘉太郎、山中雅志、井戸良祐、上田大介、吉井基晴、寺澤幸祐

※当日、変更がありましたが記録できませんでした。

2011/01/29

おまじないのお札

昨日は、またもや石切神社に行っていました。
長男が1ヶ月の、次男が3ヶ月の試用期間が明けて無事正社員になれたので
そのお礼参りです(。-人-。)
本当に、よかった、よかった~です(*^-^)

上の宮神社に参るのに、長い長い参道を登って行ったのですが、
途中、古い印刷所のガラス戸に、内側からお札が貼られているのを発見しました!!!



「十二月十二日」を逆さまに書いたお札を貼ると、泥棒除けになるそうです。


12月12日は大泥棒 石川五右衛門が釜茹で処刑された日で、、
逆さまに貼るのは、天井から忍び込んで来た泥棒に読みやすくするためです。
泥棒がこのお札を見て、石川五右衛門の釜茹での刑を思い出し、
悪事を働くのを踏み留まる・・・ということを期待して貼ったのがはじまりのようです。
(こういうのは、諸説いろいろあると思いますが、、、)
人情味のあるお札ですが、泥棒にその気持ちはどれほど伝わるものなのでしょう(笑)


これと同じお札が、淀屋橋の老舗昆布店『神宗(かんそう)』の本店に貼ってあり、
泥棒除けであることを以前(昨年6月)、店員さんに教えてもらいました。




江戸時代さながらの店構えですが、、、


このような近代的なビルの一階に入られています^^;




天井から忍び込む、、、って感じじゃないですよね(;^_^A
警備会社のシールで十分でも、風情を出してられるのでしょうね。
石切では、昔の風習がそのまま見られたので嬉しかったです!



あと、インフルエンザ(流行の風邪)にかからぬように
「久松るす」というお札や、張り紙を貼るおまじないもあるようです。
これは、文楽の記事で書こうと思って、まだ途中です(><;)

このことがあって、お札に目が行きました。

「久松るす」の張り紙は、大阪にはないのかな~???
東京でも、今はもう見られないのかな~???



【余談】
『神宗(かんそう)』で代々伝わる招き猫はとても個性的です。
お店の店員さんでは詳しいことが分からないそうですが、とても気になります。
どこの焼き物になるのでしょうね???

2011/01/28

Chat noir シャ・ノワール 黒猫

我が家の黒猫めんつゆ





瞬間移動!!!  にゃん☆







Chat noir シャ・ノワール というケーキ屋さんの看板ネコです。
下の窓には、尻尾も書かれてあるんですよ(・∀・)


Chat noir は、フランス語で「黒猫」。


もう、そこら中、黒猫だらけです(≧▽≦)


この時計もかわいい~♪


ケーキは、リーズナブルなお値段で、美味しいです!!!
紙袋から、箱から全て可愛くて、黒猫ファンにはたまりませんo(〃^▽^〃)o


ここは、東大阪市の高井田店。
大阪市には、鶴見緑地店しかありません。
もっと大阪にニャンニャン進出して欲しいです!!!


お隣の『かに道楽』の「カニ」よりインパクトありますよね(o^-')b

かぶりつきっ!

テレビ番組「空から日本を見てみよう」に、巨大アヒルちゃん(ラバーダック)が出演しました(・∀・)



くもみちゃんに、「かわゆすぎます!」って、ゆ~てもろたね(*^▽^*)


【おまけ】 猫とアヒルクッション
つゆちゃん、何したいの?


すっ、座るの? Σ(・ω・ノ)ノ!


寝てる( ´艸`)


平面アヒルちゃん 「おもいぃ・・・・・」

2011/01/27

「道頓堀の凱旋門」 大阪松竹座

昨日は、大阪松竹座に初春大歌舞伎の千穐楽、昼の部を観に行っていました(‐^▽^‐)
内容について書きたいことは山積みですが、今日もいろいろ予定があるので、
建物の写真だけでも載せておきます。

すぐ近くのかに道楽の大きなカニはじっくり見上げても、
松竹座の建物をじっくり見たのは初めてかも。

彩色がしてあったり、なかなかいい感じで驚きでした(*゜▽゜ノノ゛☆


日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館
1923年(大正12年)、テラコッタを使用したネオルネッサンス様式の正面大玄関の特徴あるアーチを持つ劇場建築として竣工。イタリア・ミラノのスカラ座をモデルに、大林組の設計技師・木村得三郎が設計した日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館であり、大阪初の洋式劇場として、同年5月17日に開場した。梅田の北野劇場と並ぶ、大阪の洋画の殿堂として優秀外国映画の上映を行ったほか、大阪松竹少女歌劇団(OSSK)のレビューも行った。
1994年(平成6年)5月8日に映画館としての役割を終え、劇場へ改装するため閉館。
1997年(平成9年)2月に、外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として新築開場。松竹制作の歌舞伎・新劇・松竹新喜劇を中心に、ミュージカル、コンサート等も開催されている。(Wikipediaより)










見落としてしまいそうな、矢印の天使の像


建物の中から見るとこんな感じ。


あっぷ~  にする意味はあまりないか^^;


チケットぴあで座席をとったら花道の外の花外(はなそと)でしたが(T_T)、
なんと1列目( ̄□ ̄;)!!
こんなに端ならば、中央の後ろのほうがよかったと後悔したけど、
これはこれで間近で、思いがけぬ角度から見れてよかったです(≧▽≦)




緞帳は、『有職麗華』(ゆうそくれいか)





お弁当は、阪急百貨店で買った、「なだ万」のちらし寿司(^~^)
美味しかったけど、大阪天満宮の「すべらん ついています 天神ぎつね」 の方が
感動とお得感があってよかったなぁ~(´∀`)



最近、文章&内容がない記事ばかりなような・・・
更新しないよりかは、ましかと思って(^▽^;)

2011/01/25

大阪城梅林 & The Birds

楽屋見舞いのお菓子で、広島の八天堂のクリームパンが話題になっていたので
食べたみたくなりました(^^ゞ

なかなか人気があるようですね。
ちょうど、京橋駅のSweets Boxで明日までの期間限定で販売されているようだったので、
行ってきました(^_^)v

京阪電車京橋駅の入場券150円を買ってまでよぉ行くわぁ~(^_^;)
思わず、京都まで行ってしまおうかと思いました!


まぁ、せっかく出かけたのだから、大阪城の梅林に行き、
あったかい缶コーヒーを買って、人も少ないのでベンチで一個だけ食べることにしました。


クリームが美味しぃ~~~(^~^)と、ひとくち食べると・・・

「お口に入れたクリームパン、 ひとくち私にもくださいな♪」と足元にスズメちゃんが(・∀・)


ん? 他にも視線を感じる・・・ と思ったら、ムクドリと鳩が!


うっ! 頭上には、ヒヨドリがぁ~\(゜□゜)/


MyママチャリにもとまっているしΣ(・ω・ノ)ノ!


足元には、すでに行列が!!!


こういう可愛い子達だけならいいけど、黒いのも来てる(((゜д゜;)))

ハシブトガラス


ハシボソガラス Black is beautiful!


一瞬で、周りは恐いくらいの数の鳥だらけになっていました(@_@)
カラスに頭を突かれたら恐いので、
梅を見ながらゆっくり味わう間もなくそそくさと食べて、退散しました。

でも、こんなに可愛く梅とヒヨドリが撮れたのは嬉しい(‐^▽^‐)



梅は、お正月に来た時は、黄色いロウバイと、白い梅だけでしたが、
赤い梅も咲き始めていました。

寒紅(かんこう)


紅冬至(こうとうじ) ふっくらとした蕾がかわいい♪



まだ人が少ない梅林ではニャンコもいました。
綺麗な色の目!!! 耳カットをしてあるから不妊去勢手術をしたんだね。


今日は、寒いね。早く暖かくなってほしいね。




極楽橋は、木製の部分が傷んでいたので、全て取り払われ、修復工事が行われていました。


これは、2009年11月の写真です。同じようになるのでしょうか。。。



帰ってから、ゆっくりワンコと一緒に食べました。


やっぱり家が落ち着いていいわぁ~(*^▽^*)

---
いろいろ種類があるのはいいけど、1個200円はちと高い。
ベルファのヌーベルマリー「都島クリームパン」120円でも、十分満足かな(;^_^A
安くなる日もあるし。。。

猫にあまあま

こうなると、右手しか使えなくなるのです^^;


昨日、更新できなかった言い訳デス。
今もまた腕の中でスヤスヤ・・・

猫って、かわいい(´∀`)