2009/09/08

巨大アヒルちゃんがいる場所3 渡辺津(わたなべのつ)

Rubber Duck Project 2009」として、「八軒家浜」船着場の横でぷかぷか浮かんでいる巨大アヒルちゃん。



巨大アヒルちゃんがいる場所は、平安時代には、「渡辺津(わたなべのつ)」又は、「窪津(九品津)」とも呼ばれ、紀州熊野詣での旅人の上陸地として栄えました。

そういう場所でもあるんです!

熊野街道は、このあたりを起点にして紀州の熊野三山に至る道です。京から淀川を船でくだり、この地で上陸。上町台地の西側、脊梁にあたる御祓筋(おはらいすじ)を通行したものと考えられ平安時代中期から鎌倉時代にかけては「蟻の熊野詣」といわれる情景がつづきました。



交差点には、「熊野かいどう」の起点を説明する案内があります。


御祓筋(おはらいすじ)。残念ながら、今は何の風情も残っていません。上町台地を登っていくので上り坂です。


坂を少し上ったら、振り返って巨大アヒルちゃんを見てみましょう(笑)


これは、「永田屋昆布本店」で写真を撮らせて頂いた「熊野牛王符」(Wikipedia)です。烏の配列で文字を表しています。熊野詣の人々は、 必ずこのお札を受けることを慣習としているそうです。



熊野古道には、九十九王子(くじゅうくおうじ)という、参詣者の守護を祈願する神社が101社あります。王子は参詣途上で儀礼を行う場所のことをいいます。

その第1番が、巨大アヒルちゃんがいる場所から近くにある窪津王子(くぼつおうじ)です。現在その跡には坐摩神社行宮が建っています。坐摩は「いかすり」と読みますが、通常は「ざま」と呼んでいます。地元の人には、ざま神社の方が通じます。






かなり、時代がさかのぼりますが・・・
神功皇后(じんぐうこうごう)が新羅よりご帰途の折に、この地に坐摩神を始めて奉斎され、また石上に御休息されたと伝えられています。
※神功皇后は、日本書紀などによれば、201年から269年まで政事を執りおこないました。

今も境内に鎮座石が残り、故にこの地は石町(こくまち)と称されています。鎮座石は頑丈に囲われていて見えにくいです^^;



坐摩神社の本殿は、この場所にありましたが、豊臣秀吉の大坂城築城の際に中央区久太郎町(旧東区渡辺町)に移転されました。以前、「大阪せともの祭」があった神社です。記事はこちらです。




巨大アヒルちゃんがいる場所は、ほかにもいろいろな歴史的な云われがある場所です。

■軍事的にも重要な港で、平安時代後期には嵯峨源氏の源綱(渡辺綱(わたなべのつな))がこの地に住んで渡辺を名字とし、渡辺氏を起こした。
大江山の鬼を退治したといわれる渡辺綱(わたなべのつな)はこの地を支配した摂津源氏一族の出身。


■平安時代から鎌倉時代初期にかけての僧で、『地獄門』で知られる遠藤盛遠(えんどうもりとお)が袈裟御前(けさごぜん)を見初めたのもここに架けられた渡辺橋の渡りぞめの時のことと伝えられています。
1953年(昭和28年)に映画化されています。アカデミー賞にて衣裳デザイン賞(和田三造)と名誉賞を、カンヌ国際映画祭でもグランプリを受賞しました。残念ながら、私は観たことがありません。レンタルしていたら見てみたいな。



■南北朝時代の武将、楠木正行(くすのきまさつら)がこの橋からなだれ落ちる敵兵を救いあげ衣料を与えて国へ帰してやったという美談は明治初年日本が万国赤十字に加盟のとき伝えられて感銘を与えたそうです。「大楠公」と尊称された父の楠木正成に対して、楠木正行は小楠公(しょうなんこう)と呼ばれています。
小楠公義戦之跡碑


この碑は、巨大アヒルちゃんの後ろ側に建てられています。年配の方が熱心に読んでられました。いつか、気力がある時に読み起こして入力しておこうと思います。



■少し離れていますが、京街道の起点の「京橋」もあります。そこからも巨大アヒルちゃんが見えます。記事はこちらです。京阪電車を撮りに行ったのではなかったのです(笑)



この日は、ちょうど昼時にうろうろしていたので、通りのそこら中からいい匂いが~(^~^) ついにたまらず、ビジネスマンに混ざって、お弁当を買ってしまいました。


コンビニのお弁当とは、比べ物にならないくらいのボリュームと美味しさで、500円!でも、これだとちょっと野菜不足ですね。 夫が、東京に出張に行くと、「昼メシに1000円もかかる!」とぼやいていますが、そんなに昼ご飯代がかかるものなのですか?


北大江公園で食べました。
こういう所で、ひとりで食べるのは平気なんですよ~^^ 
熊野詣に出る前の腹ごしらえ気分で食べました。


公園より、もっと落ち着いた場所で食べたい方には、
公園前にある老舗「大乃や」さんのランチがオススメです!



遠くから巨大アヒルちゃんを見に来られる方は、ぜひアヒルちゃん後方の坂も上ってみてくださいね^^



.