2012/01/04

初詣は恵方へ

元旦、今年の初詣は、Google+で恵方の方角にある神社・寺に参るのがよいと教えて頂いたので、2012年の恵方 北北西にある日吉神社と、近所の氏神様を祀る神社にお参りしてきました。

日吉神社。創建年代は不明であるが、平安時代にこの付近で多数の荘園が開発・経営されていた。すぐ北を流れる淀川が頻繁に氾濫したため、災害を鎮め、荘園経営を安定させるために神社仏閣を建立して祈願した。その一つが現在の日吉神社と考えられる。(Wikipediaより引用)

神社の北側は、すぐ淀川の土手になります。


御祭神は、比叡山の日吉大社の御分霊であるそうです。
昨年夏に、夫と京都に行った時、比叡山から坂本ケーブルで日吉大社にもお参りに行ったので、思わぬところでまた縁がつながりました。



家に帰ってから日吉神社のことを調べると「黒の石神」さまには龍にまつわる話があるようなので、昨日、再び行ってきました。

明治の末頃、当時の宮司が、生駒山中にて「みそぎ(滝にうたれて身を清める)」をしての帰路、霊気を感ずる黒光りする石を見つけて持ち帰り、神社の境内に安置しました。その夜、宮司の夢に龍神が現れ「かの石を吾と思いて油をかけて斎[いつ]きまつれ、願をかけたる者は諸病退散すべし」とのお告げがありました。その後、この石神さんに油をかけて、病気平癒を祈願する多くの氏子の皆さんが、霊験あらたかにして全快されております。(日吉神社HPより引用)



健康で、平穏な年になりますように(。-人-。)
今年の干支、龍にまつわる石神さまにもお参りできて、よかった(‐^▽^‐)


今では、初詣というと有名な神社に行くことが多くなりましたが、昔は、氏神またはその年の恵方の方角の社寺に詣でること(恵方詣り)が多かったそうです。

恵方というのは、節分の巻き寿司の丸かじりをする方角が思い浮かびますが、そういえば、私、以前に調べてこういう説明も作っていました!
◆以前のブログ記事 漢字文化「子」 & 干支(えと)

Flash教材の一ページ


歳徳神(としとくじん)さま、思い出しました!

歳徳神の在する方位を恵方(えほう、吉方、兄方)、または明の方(あきのかた)と言い、その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされる。

初詣と恵方、歳徳神さまのことはこちらの方の記事がわかりやすかったです↓↓↓
飯倉晴武著『神頼み入門』 - 初詣は「恵方参り」。今年(2010年)の恵方は西南西。西南西の社寺に参詣するのが正しいそうじゃぞ。

今日は4日、歳神さまは七日ほどの滞在で帰られるそうなので、まだ間に合います(・∀・) 今年、どうしてもの神頼みがある人は、今からでも今年の恵方 北北西の方角にある神社へGo!です(^O^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿