2011/12/14

「人工甘味料病」誕生!?

8月のダイエット宣言から5ヶ月に突入していますが、
ついに10キロ減に届くようになりましたv(^-^)v
しかし、まだ固定されていないので、もう少しがんばります!

このダイエット。
摂取カロリーを意識し、カロリーゼロ、カロリーオフというものが気になるのですが、
砂糖を人口甘味料に替えることや、商品に手を出すことにはどうしても抵抗がありました。

味の素の「パルスイートカロリーゼロ」は、砂糖と同じ甘さでカロリーゼロというもので、
味も素のHP(こちら)を読むと安全そうに書いてあります。
※アスパルテームは、1965年に米・サール薬品が化学的に合成した「人工甘味料」で、後に味の素株式会社が大量生産の技術を開発し、「パルスイート」という商品名で流通しています。

しかし、他を読むと気になることが満載(-"-;A
なので、糖分については、便秘予防にもなる天然オリゴ糖を使うようにしていました。

銭湯にある自動販売機にも、カロリーゼロ、カロリーオフ飲料が並んでいますが、
どうせこの人口甘味料を使っているだろうから、手作り飲料で。
 ポッカレモン+天然塩+オリゴ糖+水道水
安上がりで、ばっちり(o^-')b
本当は、本物のレモンを使う方がいいのでしょうが、その辺はまぁまぁ(;^_^A


他には、冬、この季節になるとのど飴にもカロリーゼロのものが目立ってきます。

しかし、はたして、なんでもかんでもいいんだろうか・・・・
と気になっていたところ、12月11日にNatural Newsでこういう記事が発表されて、
Artificial Sweetener Disease; a new breed of sickness
Twitterで話題になっているようです。

日本語では、井口和基さんが詳しく書かれています。
「人工甘味料病」誕生!?:ラムスフェルドの遺産!?

百害あって一利なし?! ヽ((◎д◎ ))ゝ

ぜひぜひ一度読んでみてください!!!


息子達は二人とも痩せているので、こういうものにあまり手を出さないと思うのですが、
伝えておこうと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿