2011/12/22

ウォールタペストリー~果てなき夢への導べ~

OSAKA 光のルネサンス2011

前回17日(土)に行った時(記事はこちら)は、
天満橋から行ったので帰り道コースしか歩けず、
時間が遅かったので一番の目玉のウォールタペストリーも見れず、
イルミネーションより人の多さに圧倒され、あまり楽しむことができませんでした(´_`。)

しかし、こういう気持ちで今年の光のルネサンスを終わらせてしまってはいけない゛(`ヘ´#)

そう思い、今日、平日リベンジをしてきました(^_^)v


私が、あまりにウォールタペストリーを見たいと大騒ぎするので、
並ぶことが嫌いな夫もなんだか見たくなったようで、一緒に見てきました。

まだ明るい時間に待ち合わせ。


昨年と同じ、1回目(平日は19時)を座って待とう!作戦にしました。
しかし、昨年は6時過ぎでも中央の場所をとるのに余裕だったのに、
今年は、6時前でも多くの人が座っていました( ̄□ ̄;)
最終日に近づいているからかな? すごい人気です!

屋外の冷たい階段に座って1時間以上も待つのは過酷ですが、
暖かい服装をし、座布団代わりになるもの(マフラーなど)を敷き、
暖かい飲み物、食べ物を持ち込んで、座って待てるのも1回目のみです。
それも、確実にいい席で見れるし。

残りはあと3日ですが、私はこの作戦がおススメです。
※土日祝の一回目は、18:00です。

そこまでしても、このウォールタペストリーは美しくて、感動的です。
たった10分の公演なのですが、見れてよかった!と思えます(o^-')b

今回は、昨年よりさらに精度が上がって映像が綺麗で、芸術的でした。

ウォールタペストリー~果てなき夢への導べ~
幻想的で感動あふれるストーリー仕立ての作品は、毎年大人気です。
ネオバロック様式の華麗な列柱に映し出す映像と音楽、光のエンターテイメントショーは必見です。
会場 大阪府立中之島図書館正面
日時 12月14日(水)~25日(日)
演出時間
平日 19:00、19:30、20:00、20:30
土日祝 18:00、18:30、19:00、19:30、20:00、20:30
※1回約10分の公演。

使用されている曲
・Movement Andante Molt E Cantabile(ムーブメント・アンダンテ・モルト・イー・カンタービレ)/Antonin Dvorak アントニオ・ディボーク
・Hark The Herald angels sing(ハーク ザ・ヘラルド・エンジェルズ・シング)/Travis Cottrell トラビス・コットレル
・In Return(イン・リターン)/Ce Ce Winans(セ・セ・ウィナーズ)
・You raise me up(ユー・レイズ・ミー・アップ)/Josh Groban(ジョシュ・ゴーバン)


この図書館の建物が、どのように変化するのか? 


見に行けない方は、写真でお楽しみください(*^ー^)ノ



























カメラは、画面を見ずシャッターだけを押していたので、
傾いているし、ぼけていますが、実際はもっと鮮明で綺麗ですよ。


呆れられるほどたくさん撮った写真はこちら。(120枚)
★Picasaウェブアルバム 20111222 光のルネサンス

スライドショーで見て、撮った本人は楽しんでいるのですが、
YouTubeにもたくさん動画がアップされているので、
見るならそちらをおススメします(;^_^A

↓↓↓ FormOSAKAのtktakuさんのおススメのまねしです^^;

kirakirarinjpさんのYouTube動画
Osaka光のルネサンス ウォールタペストリー2011

0 件のコメント:

コメントを投稿