2011/11/18

桜切るバカ 大阪を変えぬバカ

都島区役所前の「十月桜」も葉っぱが少なくなり、
数は少ないですが、咲いている桜の花がよく見えるようになりました。






しかし、剪定でかなり枝が切られているのです( ̄□ ̄;)



ちょうど時期が重なり、選挙日ののぼりも見えています。



この「十月桜」、
平成元年に『大阪市制100周年』を記念して植えられています。



大阪市は,明治22年(1889年)の市制施行なので、
100周年を昭和64年(平成元年)に迎えました。

今年は、122周年。

明治以来続いてきた体制を打破し
新しい体制づくりが必要な時期が来ていると思います。

私なんかは、橋下さんパッシングを聞くと、
この人達は、どんだけ今までに甘い汁を吸い、ええ思いをしてきたんや!
としか思えません。
既得権益を守りたいがために、必死になってる姿に呆れかえります。

新しい大阪づくりが今こそ必要!

秋深まり寒くなる中、咲く桜を見ながら思ったこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿