2011/11/10

現場の声は めちゃハッピー

腰痛治療と、健康と、ダイエットのためお風呂屋さんに通っています。
夕方、常連のおばちゃん達(60~80歳)6人がこの話題↓で大盛り上がりでした。

大学院政策創造研究科の坂本教授研究室が「47都道府県の幸福度に関する研究成果」を発表(11月9日)。
総合ランキング1位は福井県、最下位は大阪府
今回のランキングは、様々な社会経済統計の中から「生活・家族」「労働・企業」「安全・安心」「医療・健康」の4つの部門から、地域住民の幸福度を端的に示していると思われる40の指標を抽出・加工し、総合的に評価・分析しました。坂本教授は、47都道府県の課題を明示するとともに、幸福度を高めるための地域づくりの方策を示すために調査・研究を行いました。

私は、話に加わりませんでしたが、
笑いをこらえるのにお腹がよじれてダイエット効果抜群でした(o^-')b

「えぇ~!なんで大阪がべったなん? それっておかしいでぇ!」
「幸福度が最下位ということは、大阪が一番不幸なんか? ありえへんなぁ!」
「大阪ほど住みやすいとこないで。毎日、私ら、めちゃハッピーやのになぁ」
「どこが調べたかしらんけど、大阪へのねたみやな」
「大阪の幸せを一番ねたんでるもんが操作したアンケートや。」
「大阪にいっぺん住んだら、よそに住まれへんで。なぁ!」
「ほんまや、ほんまや~」
※このあとも延々とつづく・・・

幸福度は、人それぞれで、順位を決められるものではないと思うのですが、
少なくとも、このお風呂屋さんの脱衣場にいた大阪のおばちゃん達は皆、
「めちゃハッピー」だと言っておりました (*^ー^)ノ

もちろん、私も大阪に住んでいてめちゃハッピーですv(^-^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿