2011/07/29

天神祭 お礼参り

まだ天神祭をひっぱるか~!という感じですが、、、
今年はとても盛りだくさんに楽しんだので、お礼参りに行ってきました(。-人-。)



するとちょうど地車(だんじり)を倉に入れるところでした。




一昨年(記事はこちら)、片面しか見れなかった彫刻部分を見るチャンス(*゜▽゜ノノ゛☆

おじさんに、「写真を撮ってもいいですかね~?」って感じに会釈をしたら、
「ええよ~!」という感じで笑い返してくれたので、
大急ぎで次の段取りをされている間に写真を撮りました。

右側前


右側後 泣いてる~( p_q)


後ろ


左側後 泣いてる~( p_q)


左側前



左側は、以下の内容なのですが、
右側、後ろの絵も関連しているのか今のところ分かりません。。。
(関連した秋思祭の記事はこちら
延喜元年(901年)、菅原道真公は、藤原時平らの讒言(ざんげん、偽りの悪口)によって九州太宰府左遷の命を受け、都を離れました。その配所より遥か都の空に思いをはせ、追憶の詩「九月十日」を作られました。


一昨年は、陸渡御の時には右側にいて彫刻を見る!なんて言っていましたが、
実際には見れるような状態じゃなかったし、しかも左側だったし・・・
ちょうど今日見れてよかったです(^_^)v



天神様が、「見たかったんやろ、見ときなさい!」とチャンスを下さったのかもしれません(。-人-。)


地車の説明はこちらをどうぞ↓


夜は、かすみ目がひどくて、入力し直すのが大変で。。。
手抜きでごめんなさい。

今度こそ、これで今年の天神祭はおしまい!です(^-^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿