2011/06/27

大阪のお風呂屋さん 都島区 澤の湯と猫

昨夜は、都島区の「澤の湯」へ行ってきました。


Twitterでよくお話させて頂いているびんみんさんが、
以前、トヨクニハウスを見学に来られた時に、この「澤の湯」が目にとまり、
日を改め会社帰りに寄られた話題がでました。

湯船の底の「鯉」のタイル模様がよかったと話されているのに、
私は、「鯛」と勘違いし、夜は目がかすむとか情けない言い訳をし、
また行きます~なんてことを言っていました。

この澤の湯は、以前引っ越しのお世話をした猫地蔵さまの近く、
つまり、めんつゆ(愛猫)が生まれたおばあさんの家の近くでもあるのです。
(正確には、野良猫がおばあさんの家の2階で子供を産んでしまった。2回も。)



ふと、私は、おばあさんが引っ越し前に話されていたことを思い出しました。
(このおばあさんは、そこで喫茶店をされていました。)
「姑さんも猫好きで、二人で集めて店に置いていた猫の置物を
お世話になったお風呂屋さんにも差し上げたら、飾って頂けて嬉しい。」と。

近くのお風呂やさんって・・・ 澤の湯???

いつか見に行ってみますって言っておきながら、どこのお風呂屋さんかも
聞いていなかったので、それを確かめたくなりました。


行ってみると、ジュース用冷蔵ケースの上と、番台の上の神棚に招き猫が並んでいました!
神棚の招き猫の一つは、なんと黒猫 o(^▽^)o

全部がおばあさんが持ち込んだものではなく、
元からお風呂屋さんにあったものもあるかもしれませんが、
とにかく古い招き猫があります!

ぜひ、澤の湯さんに行かれることがあれば、いろいろな経緯があった猫の飾りものもご覧ください。

おばあさんが保護した猫の一匹(めんつゆ)も元気でいることを心の中で報告しました。
瓶の「愛のスコール」を飲みながら(*^▽^*)

解体前のおばあさんの家。


解体後、更地になりました。


猫地蔵様(現在は、千葉の天寧寺に安置して頂いています。)


野良猫母さんの子供たち。3匹&5匹ニャンズ。一匹は我が家の猫めんつゆ。
 


時代の流れで、離れ離れになった猫地蔵様、にゃんず、猫グッズ、招き猫。
それらの猫を想いに、時々澤の湯さんに伺おうと思います。


びんみんさんが澤の湯の話題を出さなければ、私は、まず、行くことはなかったと思います。

偶然、いろいろな出会いや縁がつながって、これは仕組まれたこと?
と思うことがあります。

不思議なもんです^^

0 件のコメント:

コメントを投稿