2011/06/04

大阪 街のホタル と 太閤園

ホタルの季節ですね~♪ と記事を書き始めてから2日も経ってしまいました^^;

子供が小さな頃は北摂に住んでいて、少し車を走らせれば自然の中でホタルの大乱舞が見れ、
それはそれは綺麗でした。

大阪の街の中でも、ホタルの幻想的な光を楽しめるところがあるみたいですね。

◆先日行ったなんばパークスでは、6月4・5日にホタル観賞会「ホタルの夕べ」があります。(こちら
「ゲンジボタル」約300匹程度。
2月20日、なんばパークス近隣の日本橋小学校の児童が里親として育てたホタルの幼虫が放流されたそうです。それが成長し、飛ぶ姿が見れるってことになるのかな?
「せせらぎの社」



◆新梅田シティでは、6月3日頃から12日頃までホタルが放流されます。(こちら
自然繁殖したホタルに加え、人工飼育した約2000匹のホタルを数回に分けて放流。
ホタルに関しては、バブルが続いてる?(笑)
ゲンジボタル中心(ヘイケボタルも少々)
「中自然の森(もみじ谷)」



◆でも、なんといっても太閤園は、自然発生のヘイケホタル。(こちら
2011年5月27日(金 )~7月3日(日)/20~22時

人工飼育の幼虫や、成虫を放流するのではないので50~60匹くらいと数は少ないですが、
ホタルが生育する環境づくりというのは水だけでなく餌となるシジミが必要だったり、
とても大変なこと。
毎年ホタルが生まれ育っていることは、すごいことだな~って思います。

HPを見る限りは、こういう食事プランの人だけが見れるように思われるかもしれませんが、
太閤園の庭園は、一般無料開放されているので、ホタルだけを見ることもできます。
団体ではダメですよ。なんといっても太閤園の庭園!良識の範囲内です。

一度は行ってみたいのですが、夜は出掛けにくくて・・・ (´_`。)

季節折々に足を運んでいる太閤園ですが、ホタルの時は昼間も行っていないので、
ちょっと立ち寄ってみました。(6月2日)

庭園入口の石の仁王さん。


結婚式の定番撮影ポイント。石橋の上に新郎新婦が並びます。


スイレンの花は雨上がりがいいですね♪


子供を抱いた獅子狛犬さんも、梅雨の季節、苔で緑色になっています。


歴史を感じる塀。


チャペルから石仏前くらいのところにホタルはいるようです。


ホタルが見れないのは残念ですが、一人静かに綺麗な庭園を散歩し、
贅沢な時間を過ごすことができました。


※ホタルの季節はいつも通れるところが一部通行止めになっています。


【おまけ画像】太閤園に住みついた猫ちゃんの子供・・・?


かわいい(´∀`)

0 件のコメント:

コメントを投稿