2011/05/30

建物見学ツアー

建物見学会というのは、休日、夜が多くて行けなかったのですが、
今回のは平日の昼間という日程もあったので行ってみました!

でも、ぞろぞろ集団行動はやはりどうも苦手で・・・(´_`。)

通常普通に見れるところで見て、興味が湧いたことは自分で調べ、
気に入ったところは、じっくり時間をかけて見る。写真を撮る。
その方が性に合っているようです。
特別なところが見れなくても、満足できます。
人から教えられることって、なんとなくつまんなく思ってしまいます。。。

企画とか内容とか、そういうことじゃなくて、私の問題ですので誤解なきよう!
とはいえ、どこも私好みでなかったことは事実という(-"-;A

まず、高島屋東別館。


外観をじっくり見たことがなかったので、見学会前に観賞。
アカンサス模様!(ハアザミ模様)


こういうところにも、アカンサス!


ここも、アカンサス!


ここもあそこも、アカンサス!


見学会が始まっても、そこらじゅうにアカンサス模様! どやっ!!!って感じ。
(見学会の写真は、個人で楽しむだけで、ブログ掲載はNGということでした。)

それだけ豪華な建物であることを設計者は表したかったようなのですが、
おなかいっぱいで、胸やけおこしそうでした(´_`。)

私にとっては、ブランド物の・・・ たとえばルイ・ヴィトン模様のようでした。
豪華(高価)なんか知らんけど、くどい!

という感じでございましたm(_ _ )m


私は、同じレトロでも、こういうのがひょっこり現れる方が好きです。


つまり、動物模様がどこかに入っていることが、重要ポイントなのです!

そうそう、見学会が始まるまでの玉虫の厨子(レプリカ)の説明で、
使った玉虫のために、法隆寺の御坊様による玉虫の鎮魂の読経があったことが、
一番、印象に残ったお話でした。
玉虫にも五分の魂 綺麗に生まれたばっかりに・・・(。-人-。)



昼からは、南海ビル(なんば高島屋)、南海パークスの見学。
2009年10月11日。リニューアルした時、夜の外観を見たくて行っていました。


今回の説明で、照明で建物を浮き上がらせるため、色遣いの照明はやめて、モノクロにこだわり、
赤の照明の高島屋マークも白ということで協力して頂きました、とのこと。
これが通常の赤の高島屋マーク。


なるほど、建物正面の高島屋の文字は白の照明になっています。
しかし、南海ビルのマークは、端っこの方(右)で、オレンジと黄色に光っているではないか?! 
説明の人の上着に着いていた社章といっしょのが!
ちょっと、ずっこい・・・と思ってしまいました^^;


難波パークス。


私は、グランドキャニオンより、空中庭園に強い憧れを持っていることを再確認しました。
オブジェとかも、いまひとつ わぉ(・∀・) と心ときめくものがなかったし・・・


年をとるごとに柔軟性がなくなったということでしょうか・・・




でも、やっぱり新梅田シティ、梅田スカイビルは、思い浮かべただけでわくわくするのです♪
好みの問題ということですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿