2011/03/17

北船場近代建築サミット 下見

今週の土曜日(3月19日)に、「北船場近代建築サミット in 旧・八木通商ビル」が開催されます。
(詳しくはこちらを)

北船場近代建築は、戦争で焼け野原になっても残った、建物が持つパワーが強い建築です。
(防災というのは地域によって違い、戦前の船場での課題は火災に強い建物でした。)
新しく高層ビルが立つ中で、威厳を持って北船場に残る近代建築。
未曽有の震災で焦燥感がつのる中、「力強く残ったもの」に触れてみたくて私は参加します。

日時:2011年3月19日  14:00~16:00 開場13:30
会場:旧・八木通商ビル(大阪市中央区今橋3-2-1)
参加無料 定員100名 当日先着順

北船場は豊かな歴史とともに近代建築が多く残り、南北を通る三休橋筋でプロムナード整備が進むなど、他のエリアにはない特別な魅力を持っています。
その魅力をより広く知ってもらい、地域の連携、近代建築どうしのネットワークを広げていくことが、北船場のさらなる活性化につながると考えて、北船場近代建築サミットを開催します。
会場は北船場にある近代建築のなかでもとりわけ優美な装飾を誇り、ガス灯が並ぶ三休橋筋に面して建つ旧・八木通商ビルです。現在、旧・八木通商ビルでは新しい計画が進められていますが、今回は関係者のご厚意により会場とすることができました。これまでほとんど内部公開されることのなかった近代建築です。見学会も開催いたしますので、是非ご参加ください。

主催:船場近代建築ネットワーク
共催:船場アートカフェ(大阪市立大学 都市研究プラザ)、船場地区HOPEゾーン協議会
協力:オリックス不動産(株)、(株)IAO竹田設計、三休橋筋愛好会

プログラム
1.船場近代建築ネットワークについて
川嵜 千代(船場近代建築ネットワーク事務局、千島土地(株))

2.パネルディスカッション
進行:髙岡 伸一(大阪市立大学 都市研究プラザ)
パネリスト:青山 正美(青山ビル) 小山 壽一(北浜レトロ) 生駒 伸夫(生駒ビルヂング) 芝川 能一(芝川ビル) 上村 田鶴子(伏見ビル) 西 明子(大阪市まちづくり事業企画担当課長)

3.旧・八木通商ビルと三休橋筋について(館内見学あり)
森山 秀二(三休橋筋愛好会)

※会場にはトイレ設備がありません。ご了承下さい。
※会場には空調設備がありません。室内が冷えることがありますので服装にご注意下さい。

楽しみです!

15日火曜日に北浜のGOKAN(五感)に行った時に、下見に行ってきました。
当日はまわりに人が多くなるでしょうから。

大正7年に建てられた旧・八木通商ビルが会場です。


竣工から11年後の昭和4年に全面改修を受け今の姿になっているのですが、
西側が竣工当時のままの赤煉瓦タイルを張った姿が見れます。


改修後の壁面。 華麗なアラベスク文様がテラコッタで表現されています。


内部見学が出来るのです! めったにない機会です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

せっかくここまで来たのだから、オペラ・ ドメーヌ高麗橋の建物を見て、


そのお隣の浪花教会へ。
浪花教会は明治10年に創立された、長い歴史をもつ教会です。
会堂建物は昭和5年近江兄弟社の創立者で、アメリカ人建築家ウイリアム・メレル・ヴォーリズ氏の監修指導により建築されました。


ステンドガラスをきちんと撮っておきたかったのです。


いつも扉が閉まっているところしか見たことがないのですが、その日は開いていました。


男性の方が中から出てこられたので、「こちらの教会は見学できるのでしょうか?」と尋ねると、
快く、「いいですよ」と2階に案内してくださいました。
本でしか見たことのない内部が、いきなり見れることになってもう心臓がドキドキです!!!

扉を開けると、礼拝堂。 もう言葉がでません!


ステンドガラスから優しい光が射しこみ、外とは別世界です。


感激で涙がでそうでした!

教会の建物の説明や、会報などを頂き、「礼拝にもお越しください。」と仰って頂きました。
(この方は、牧師様ではなく、教会の集会で来られていたようです。)

「ありがとうございます。」とだけ言えばいいものを・・・
「私、仏教の学校を出ているのに、結婚式は教会で挙げたといういい加減な人間なんです。」
と突然、わけのわからない懺悔をしてしまったら、その方は、

「教会は、誰にでも扉を開いていますからどうぞ」 と優しく仰られました。

ありがとうございます(T_T)

いつか礼拝に行って、献金させて頂きます(。-人-。)
建物だけじゃなくて、とても素敵な教会でした。 


うかれうかれて、ここまで来たら芝川ビルへ♪
平日だから、マタシロウ様がつぶやいてられたお花屋さんがあるはず!


マタシロウ様のビルには、お花がお似合いです。癒されます。
まるで外国の街角のようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿