2011/01/17

花(はん)なりした 北浜レトロビルヂング

1月4日に訪れた時、「まちなみ修景工事」中だった北浜レトロビルヂング。
(記事はこちらです)



昨日、中之島図書館に行った帰りに見に行ってきました。
ちょうど、昨年11月にも写真を撮っていたので、Before、Afterを見比べてみましょう。

Before & 工事中
 



After
外壁の傷んでいたタイルが修復され、窓枠、屋根のペンキが塗り替えられました。
そして、看板の大きなティーポット(°∀°)b
薄黒くなっていた外壁の石も洗いが入ったようですね。






内部も綺麗にペンキが塗り替えられています。




Before ペンキの具合にレトロビルの味わいがありました。
数年経てば、またこのようになるのでしょうね。


今回、以前より色が鮮やかになったのは、玄関のタイルの色に合わせられたのでしょうか?



川に面した反対側も綺麗になりました。
Before & 工事中
 



After


難波橋からもよく目立ちます。


近代ビルに挟まれて、そこがまた可愛さが引立てられていい感じ♪
いい「まちなみ」になってきましたね~(‐^▽^‐)


いつかまた、ゆっくり2階でお茶を頂きたいです。
昨日は、急いでいたので、タルトだけ買って、家でおいしく頂きました(^~^)
お店のカードもかわいい♪



北浜レトロビルヂング 【国登録有形文化財】
北浜レトロビルヂングは1912(明治45)年、株の仲介業を営む企業の社屋として建てられた。現存する煉瓦造の建物としては、かなり古い部類に入るだろう。
戦後、建築資材を扱う商社の社屋を経て、1996(平成8)年に現オーナーである小山寿一さんが手に入れる。
1997(平成9)年、本格的な英国紅茶とスイーツの店として「北浜レトロ」がオープン。本物にこだわった小山さんの店づくりが瞬く間に人気を獲得した。(「大大阪モダン建築」より抜粋)

0 件のコメント:

コメントを投稿