2010/08/30

英語になった日本語の逆輸入

今日は、数ヶ月ぶりに大阪府立中之島図書館に自転車で行ってきました♪

帰りにいつもと違う道を通っていると、とても素敵な絵本専門店を見つけました。
絵本専門店イズム ism
大阪市北区同心2-6-2

ちょうど、「猫絵本フェア」ということで、ネコの本がいっぱい並んでいました(・∀・)

黒猫を飼っていると、どうしても黒猫が主人公のものに目がいって、、、
この絵本を購入しました!

『ねこに こわいものは なし』
ジャン・ピエンコフスキー (著), Jan Pie´nkowski (原著),きたむら まさお (翻訳)
★ポーランド生まれ、イギリス在住のイラストレーター、絵本作家



裏表紙を見ると、THE CAT WITH 9 LIVES と書いてあります。

"A cat has nine lives." という英語の諺からの原題がついていると思っていると、
どうやら違うみたいです。

ジャン・ピエンコフスキー のHP(こちらです)を見てみると、原書はこれです↓

『Ninja Cat』


忍者猫  って、えっ(・ω・ノ)ノ!


『忍者猫』って日本語タイトルをつけると、内容的にかなり変です。
ということは、外国人が思う「Ninja」は、日本人が思う「忍者」とは違うのかもしれないですね(-"-;A

意外な原題にびっくりしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿