2010/08/27

鱧(はも)皮のざくざく

今日は、金曜日のノーマイカーデー♪
チケットを買うと600円で大阪市営地下鉄・バスが乗り放題になるので、
暑い中、ちょこちょこっと色々なところに出かけてきました。

それはまたいずれ記事にするとして、、、
帰りは絶対「難波」に寄ると決めていました!

戎橋筋にある「大寅(だいとら)蒲鉾」本店に行きたかったのです(-^□^-)

買いたいのは、切っていない「鱧の皮」
これで~す♪    ★うめやきも美味しいですよ!


【ネットの中にあった解説】はも皮はかまぼこ用に身をこそげた後に骨つきのままつけ焼き(照り焼き)にしたもので、物を粗末にしない大阪人の精神がよく表れています。

小さい頃から大好きで、物を粗末にしないとかいうことは知らなかったけど、
とにかく美味しくて、夏はむしょうに食べたくなります о(ж>▽<)y ☆


昔は、市場のてんぷら屋さん(蒲鉾などの練り物屋さん)に普通に売っていたのですが、
今では、切っていない鱧の皮は、大寅さんくらいでしか見かけなくなりました(T_T)

スーパーでも、切ったのを売っているけど、あまり美味しくない・・・
大寅さんのは、昔の味のままで美味しいо(ж>▽<)y ☆

大きな鱧の皮を、料理バサミで細く切って、薄く切ったキュウリとあえて三杯酢で食べます。

我が家流は、
鱧の皮は骨を取るなんてことはしなくて、骨ごとじょきじょきはさみで切る。
キュウリは、薄切りではなく、歯ごたえが残る程度に切り、
しゃきしゃきが好きなので塩もみはしない。
三杯酢ではなく、旭ポンズ♪

去り行く夏を惜しみながら いつまでも去りそうにない夏にうんざりしながらも

美味しく頂きました♪

夏は、やっぱりこれを食べておかなきゃ(≧▽≦)

美味しいものを食べると、心底、幸せだなぁ~ と思えますo(^-^)o
いやぁ~ 満足、満足!

0 件のコメント:

コメントを投稿