2010/04/23

文楽(Bunraku)

大阪市のHPを見ると、第7回「文楽デー」の参加者募集が載っていました。(2010年4月13日)
詳しくは、こちらをご覧ください。
 文楽デー(初心者向け文楽公演)
 大阪市では、平成22年6月13日(日)に国立文楽劇場において、第7回文楽デーを開催し、参加者1,400名様(午前の部、午後の部 各700名様)を募集します。
 「文楽デー」は、大阪が世界に誇る伝統芸能であり、ユネスコの世界無形遺産宣言を受けた「人形浄瑠璃文楽」を、市民をはじめ多くの方々に気軽に楽しんでいただくとともに、新たな文楽ファンの開拓を図ることを目的に開催しています。
 公演は、午前・午後とも、「団子売」(だんごうり)と「ひらかな盛衰記」(ひらがなせいすいき)の2公演、初心者の方にもわかりやすい解説を交え、また文楽三業(太夫・三味線・人形)の体験コーナーなどの特別企画もあわせて実施します。



昨年見に行きました!!!
詳しく説明しようと思っている間に、記事にしそこねてしまいました(汗)
写真OKの文楽三業(太夫・三味線・人形)の体験コーナーは、絶対帰らず参加すべし!です。
人形が触れて、記念撮影が出来る機会なんてめったにないですから!

それに、これは、大阪市主催なので料金が安いのです。
通常の文楽教室は、もう少し高くて、体験コーナーはないようです。
(↑体験コーナーの有無は、ちょっとあいまい情報)
大阪市以外にお住まいの方もぜひ!

解説もいろいろ書きたいのですが、その時の雰囲気を写真でどうぞ。
真面目な文章を書くのは、まだしんどくて。。。


第7回「文楽デー」 2009年6月14日
国立文楽劇場 National Theatre of Japan






文楽三業(太夫・三味線・人形)の体験コーナーなどの特別企画


よっ、、、読めない!! 日本語ですよね?!




左手は、後ろから入れて中の棒を持って、、、


右手は、こうして、、、


じゃん! あなたも人形遣い♪


黒衣姿の足遣いの方、脚力がかなりいりそうですね。






ベテランの方と一緒に記念撮影。



【追記】これはロビーにあるお姫様人形です。










Wikipedia Bunraku

0 件のコメント:

コメントを投稿