2010/04/09

あひるちゃんの幻覚が・・・

今日は、天満橋に用事があって自転車で出かけました!
天満橋へは、延長4キロある毛馬桜之宮公園を大川沿いに走ります。

桜は、満開を過ぎて散りはじめ。



飛翔橋より、北側。写真左側が公園のスタート地点。


飛翔橋より、南側。ここから、川沿いに南下します。
風が時々強く吹いたので、桜吹雪の中を走り抜けました♪


今日は、源八橋を渡らずに帝国ホテル大阪の対岸をビュ~ン♪


ソメイヨシノもいいけど、こういう桜も綺麗♪


対岸から見た泉布館と旧桜宮公会堂。
旧桜宮公会堂はどんなレストランになるのでしょうね。


たくさんの花見の船が行き交っています。


川崎橋からは、水陸両用の「カッパバス」が!


夜は賑わうのでしょうね。


桜につられて、川崎橋を渡ったのですが、今度は天満橋を渡って京阪シティーモールへ。


自転車を駐輪場に置いて、ちょっと寄り道、八軒家浜に向かうと・・・

(@ ̄Д ̄@) アヒルちゃん?



(ゝ_ξ)  ゴシゴシ



いない  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

残念、、、
桜の季節にアヒルちゃんは大阪に戻ってこれなかったようです (o_ _)o

旗が反対向いていますが、「はちけんやガーデン」「川の駅はちけんや」ではこのようなイベントをしています。


特に、川の駅はちけんや「水の都・大阪。その未力と魅力を考察する」展、
これは、見る価値ありです!

「水の都」中之島の巨大模型もいいんですが、、、


「復活。水の都 大阪」安藤忠雄の提案もいいんですが、


また、イラストレーター ヤマグチテツジさんの「水都・中之島ものがたり」原画展もよかったのですが、

私は、これに釘付けになりました!!!

土佐堀通と川辺の暮らし100年


地域住民や地域企業の方から提供された貴重な写真資料なので、今まで本などでは見たことのない写真ばかりで感激しました。

そして、なんとパンフレットにものっている森田家(屋号「塩小(しおこ)」)の奥様にお話を伺うこともできました。(さくらあんぱん、コーヒーの販売コーナーにおられました。)戦後60年以上経って、戦前のことを語れる方が少なくなるなかで、少しでも知っていることを興味ある方にお話したいと仰られていました。

川の駅はちけんやは、桜が咲く対岸になりますが、ぜひ行ってみてください!。

「巨大あひるちゃんが桜の季節で来てくれたら、たくさんの人が来られたでしょうね。」とお話すると、
「あひるちゃんは、いろいろなところに呼ばれて忙しいみたいなので^^」と返されました。

あひるちゃん、いったいどこにいるんでしょうね・・・
また、大阪の八軒家浜に戻ってきてね(‐^▽^‐)

0 件のコメント:

コメントを投稿