2010/02/24

大盆梅展 Ume-Bonsai

今日は、とても暖かく、午後から春気分で出かけました♪

樹齢約280年の梅「唐衣」


樹齢約110年の梅「あけぼの」


とくれば、大阪天満宮の本殿に飾られている盆梅です。


大阪城の梅林に行けば、やはりこちらも行きたくなるというもんです(‐^▽^‐)
大阪天満宮 大盆梅展!!!


拝観料が大人500円ですが、見ごたえありますよ。
昨年は、夜に巫女神楽があって27日に行ったのですが(記事はこちらです)、梅の見頃は終わっていてとても残念でした。

今年は、満開でまだまだ綺麗でしたよ。どうぞご覧下さい。

神楽殿、参集殿、梅花殿に立派な盆梅が並んでいて、部屋は、梅の甘い香りで充満しています♪


先日の記事で書いた「紅千鳥」。盆梅として育てられるとこうなります。


障子に影が映ると墨絵のようです。


いろいろな樹形の盆梅が並びます。










一つの枝に、淡紅色、紅色、 絞り、白 の4色花を咲かせる「思いのまま」。
この写真じゃちょっと分かりにくいですね。


手まり咲きの梅もかわいいです♪




見て驚くという名前の「見驚」。
雄しべが花弁化した旗弁(きべん)を付けた花を見つけました。


「紅千鳥」にも旗弁があって、千鳥のように見えるからその名前がついたのですが、写真を撮りそこねてしまいました。残念!

山(島?)に見立てたこのような作品もありました。


中庭で、ちょっと休憩。


白牛様もおられます。白いとどんな動物も神様のお使いという気がします。
これはひょっとして、牛の香箱座り?!(笑)


今年のお迎え人形は、「鎮西八郎(ちんぜいはちろう)」、平安末期の武将「源為朝」でした。


1月26日に、アヒルちゃんと一緒に来た時には、3つ、4つしか咲いていなかった梅も満開でした。


梅は、どちらかというと盆梅のほうが好きかな~(^-^)

0 件のコメント:

コメントを投稿