2010/02/28

泉布観の再生・活用

2月5日に、全国で最も古い洋風建築の一つであり、国の重要文化財にも指定されている「泉布観」の一般公開日が発表されました。
公開期間  平成22年3月20日(土)から22日(月・祝)の3日間
        入館は午前10時から午後4時30分まで
        (ただし午後5時まで観覧できます)
【報道発表資料】明治初期の近代遺産 重要文化財「泉布観」を一般公開します

*昨年行った時の記事はこちらです。


もう何回も行っているし、今年はもういいかなぁ~なんて思っていると、
2月18日にびっくりするニュースが Σ(・ω・ノ)ノ!

【報道発表資料】重要文化財「泉布観」の再生・活用に取り組みます
整備イメージ図も載っていました。
よみがえれ文明開化の花 「泉布観」外観補修へ - 大阪日日新聞

 大阪市では、重要文化財「泉布観」の再生・活用に向け、外観補修や敷地整備を行います。
 「泉布観」は、明治4年に建てられた全国でも最も古い洋風建築の一つであり、国の重要文化財にも指定されている貴重な施設ですが、建物の老朽化と内部などの傷みが進んでいます。
 そこで、平成21年11月には、「泉布観の再生・活用」に向けてふるさと納税制度を活用したご寄附を広く呼びかけさせていただいたところです。
 この寄附金等をもとに、泉布観の雨漏補修や外壁塗装など外観補修を実施して美観を高めるとともに、庭園や塀など敷地整備を行います。また敷地内にある旧桜宮公会堂(玄関部分は国の重要文化財)についてはレストラン等として民間事業者を公募し、「泉布観地区」の再生・活用に取り組んでまいります。


この旧桜宮公会堂には、民間のレストランが入るのです!!!


このど根性桐の木は、敷地整備で無くなるかも?!
*ど根性桐の記事は、こちらです。
★建物とど根性桐の共存は難しいと思うので、これは切られてもしかたないと思います。


駐車スペースになるということなら、レンガの塀は取り壊されるの?


★追加写真3枚 駐車スペースになる所はレンガ塀じゃなく、ブロック塀でした。(2010/4/4 撮影)








確かに、外観のペンキは、ペラペラと剥がれかけて傷んでいるのですが、それも味があって風格がありました。
でも、ペンキを塗りなおしておかないと、雨が染み込んだりとやはりよくないのでしょうね。

工事はいつからか分かりませんが、今の姿で見れるのは、今回の一般公開が最後になるかもしれません。
やっぱり今年も行こうかな。

リニューアル後は、庭園は随時一般公開となっているし、レストランも入るし、楽しみ♪

リニューアルオープン記念には、泉布観の前に巨大アヒルちゃんが来てくれるといいのにな。


と言っても、「11年度中に敷地内を一般公開」となっているので、まだまだ先ですね(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿