2010/02/19

方寸

今日は、えいやっ!と昼から出かけました。
だって、今日は金曜日~♪ ノーマイカーデーの日です。
600円で、大阪市営地下鉄・バスが乗り放題!
行き先は、自宅最寄り駅→谷町6丁目→四天王寺前夕陽ケ丘→東梅田で降りてお買い物♪→自宅最寄り駅
乗り放題というほど乗っていないけど、お得なんです(^-^)/

直木三十五さんの本と一緒に向かった一番最初の場所はこちら!
さぁ、どこでしょう?


ヒント、眠り猫がいます。

かわい~(・∀・) 香箱座りで寝てる~(‐^▽^‐)

ヒントになっていないようですが、関係あります。
なぜならば、四天王寺に関係があるのです!

住職さんにはお会い出来ませんでしたが、奥様とたくさんお話させて頂きました。
「これほど由緒あるお寺なのにどうしてガイドブックなどに載っていないのでしょう?」とお尋ねしたところ、「檀家さんが多く、そちらのことでいっぱいなので、あまり表に出さずひっそりひっそりとさせて頂いています。」とのことでした。

こういうお話を聞くと、どの程度書いていいものやら・・・と悩んでしまいます。
と悩むほど、こちらも訪問者が多いブログではなく、ネットの片隅で、ひっそりひっそり書いているだけなのですが・・・
紹介くらいは書いてもいいのかな?
でも今日は、とても寒くて、疲れたので、また改めて記事にすることにします。
もったいぶってすみません。
まだ直っていないの?!といわれそうですが、腰も痛くて(x_x;)

手入れの行き届いたお庭には梅の花が咲いていました。




直木三十五さんの本のコピーを持参したのですが、読まれたことがなかったようでとても喜んで頂けました。
直木さんも、喜んでくださったかな。

その後、空堀をうろうろして、御屋敷再生複合ショップ『練』でお店の方にこの界隈のことをいろいろ伺って、直木三十五記念館にも行って、四天王寺へ。

本坊玄関近くの梅をパチリ。



そうそう、タイトルの「方寸」というのは、お寺で頂いたお菓子、らくがんの名前です。
長野県のお菓子で説明にはこのように書かれてありました。
 「方寸」とは、文字どおり一寸四方、もしくはささやかなことの謙譲語ですが、古くは人のこころは心の臓一寸四方に宿るとして、「こころ」を表す意味も秘めます。


「こころ」おもむくままに続けているブログですが、いろいろな人と繋がりがもてて幸せです。

今日は、いい一日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿