2010/01/03

郷土研究 上方 索引データベース

昨年買った「郷土研究 上方 復刻版」


この本を宝の持ち腐れにしないよう考えていたことがあります。

創刊号から読みつつ、索引、キーワードのデータベースを作る!

これが、2010年新春事始です(^_^)v

別巻として151巻分の索引があるのですが、どうも使いづらい(-"-;A
というか、ネット検索の便利さがあたりまえになってしまっているので、キーワードを入れたら、何号に載っているかすぐに分かるようにしたい。

これは、この本を使って調べたい人なら誰しもが願うことだと思うのです。

データベースというのは使うのは便利だけど、データを入力するのはすごく大変なことです。
この本の場合、旧漢字だらけだし・・・

でも、誰かが成し遂げれば、絶対にそれは大阪の郷土研究に役立つと思うのです。
もうすでに内部的にあるかもしれませんが、私はインターネットで誰でも見れる状態にしたいのです。
(これに何か問題があれば、やめざるをえませんが・・・)

本格的にデータベースにしなくても、ブログで、ラベル分けと、ブログ内検索を使えば、結構事が足りると思うのです。

何年かかるかわかりませんが、ライフワークとして楽しみながら入力していきたいと思います。
(注)「楽しみにしています。早く出来上がることを願います。」は禁句です!早く欲しい人は、人に頼らず自力で作成されることをオススメします^^

とりあえず枠だけ作ったブログは、こちらです。
心おもむくままに 郷土研究上方


これだと、右クリックの「Googleで検索」ですぐ調べられる~♪
ということで、さっそく「南木芳太郎」を検索すると、昨年12月のニュースを見つけました!

■ MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091218/acd0912182334005-n1.htm
『大阪の郷土研究のパイオニア・南木芳太郎の日記を発刊』 2009.12.18

さらに、こういうのも見つけました。
■ 大阪市 教育委員会事務局 【報道発表資料】
大阪市史史料第74輯『南木芳太郎日記(一) -大阪郷土研究の先覚者(パイオニア)-』を刊行します
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000058734.html


郷土研究上方を全巻揃えた者としては、やはりこれも手元に欲しい・・・
ということで、即、梅田の旭屋書店に買いに行きました 三 (/ ^^)/


パラパラ~と見るなかで、目が釘づけになった「○○稲荷」!!!
現存していなくて、「上方」でも、はっきり場所が特定できなかった「○○稲荷」が、何町何丁目であるか特定出来たのです。
きゃぁ~(≧▽≦) と喜びながら購入したことは言うまでもありません。
こういう方の日記というのは、メモ書きのようなものでもとても貴重な資料なんだと、身に染みて感じました。

「分からない・・・」と思いながら大事にとって置いた種が、急に芽が出たようなこの感じがたまりません!
この「○○稲荷」については、私は大阪班として調べているだけなので、大元さんには、正月が過ぎたら報告です!

こいつぁ春から縁起がいいわえ(^-^)


ついでと言ってはなんですが、今年の目標というか、願いをもう一つ。
大阪コーナーの本棚でじぃ~~~っと見つめていた著者名「橋爪紳也」。
私、この方に直接お会いして尋ねたいことがあるのです。どうしても、どうしても・・・
この願いはいつか叶うでしょうか・・・
その日のために、まずダイエットしようと思います! いつになるやら~(笑)

2 件のコメント:

  1. 先日《ヤフーオークション》で【郷土研究上方(復刻版)1~10の15冊】を格安にて落札入手しました。上方の歴史民俗学の稀有の資料として、これから腰を落ち着けて読了したいと思料します。今後とも何卒宜しく。

    返信削除
    返信
    1. コメントに気づくのが遅くなりました。ご購入おめでとうございます!15巻ということは別冊の索引の巻はなかったのでしょうか。索引がデジタル化したら便利なのですが、、、自分でも思うのですが、なかなか手付かずのままです。

      削除