2009/12/29

映像と音楽、光 Projection on Buildings

ブログ巡りをして、25日に閉幕したOSAKA光のルネサンスの写真を見ていると、建物の壁面をスクリーンにした次の3つのイベントが芸術的で美しく見ごたえがあったようです。しかし、私は、ウォールタペストリーしか実際に見ていないので、違いの説明は残念ながら出来ません(;^_^A

大阪府立中之島図書館 『ウォールタペストリー 〜一滴(ひとしずく)の願い〜 』
大阪市中央公会堂    『光絵画 〜平和の鐘が奏でる水辺の四季〜』
西会場のビル        『デジタル・ウォール・アート ~万華鏡~』


ウォールタペストリーについては、2007年の時の「ウォールタペストリー製作裏話」というのを見つけました。

「重要文化財である図書館には、それに見合うだけの品のある演出が必要だ」ということで、フランスの機材「PIGI(ピジ)」が放つ、品のある光を中心とした音楽とのショーを考えたのが始まりなのだそうです。(PIGIとは、世界最高の明るさで超大型映像を投影して動かすことができる、フランス製のスライドプロジェクター。)

曲も含めてと実際の製作期間は約4ヶ月もかかるそうです。大変だけど、こういう夢を映し出すお仕事って素敵ですね。

製作会社は、有限会社三恵企画という会社のようです。たぶん。。(←これは2007年度) 他のイベント写真も見ると面白いですよ。厳島神社もすごいことになっていました(・ω・ノ)ノ!

★2008年、2009年の製作会社は、株式会社カクタスでした。訂正しますm(_ _ )m



【自分で撮った動画をYouTubeに載せました。12/30】
OSAKA光のルネサンス2009 ウォールタペストリー 〜一滴(ひとしずく)の願い〜
☆8分は長い・・・という方は、ぜひ後半最後の部分だけでもご覧ください。綺麗ですよ^^


芸術的だわぁ~ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


興味を持った矢先、今日のTV「超ド級!世界のありえない映像博覧会」で、海外のが紹介されていました(・∀・)
巨大アヒルちゃんをデザインしたF.ホフマンさんと同じ、オランダのアーティストとかいうことで、YouTubeを探して、探しまくった結果、ありました!!!

オランダでは、こんなの↓ 立体感がすごい!
Projection on Buildings

NuFormer Digital Media


他にも探してみました。

フランスでは、こんなの↓ もうすごいのなんのって! 通天閣でもやって~!
Feu d'Artifice 2009 - La Tour Eiffel fête ses 120 ans - 14/07/09
エッフェル塔120周年

ETC London - Paris


イギリスでは、こんなの↓ 途中、スマートボールになるは、パックマンのゲーム画面になるは、遊び心満載でびっくり面白い!このパーティの主催者ってとんでもないお金持ちなのでしょうね。
Projections (A private festival in the North East of England.The theme and logo of the party was the heart.)




シンガポールでは、こんなの↓ 建物の着せ替え。
The Electric Canvas @ The National Museum of Singapore
http://www.youtube.com/watch?v=aeXagIhHwoo


オーストラリアでは、オペラハウスが、こんなことに!
Sydney Light Festival 2009 Opera House
http://www.youtube.com/watch?v=XBoenDns_UA&feature=player_embedded
Electric Canvas


オーストラリアのアデレート芸術祭
Adelaide Festival of Arts Northern Lights
http://www.youtube.com/watch?v=oN2ZtiRYsIk&feature=player_embedded


世界の映像と音楽、光、花火を使ったいろいろでした^^
年末、忙しい中での息抜きにご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿