2009/10/30

大阪ベイエリア(咲洲地区)にカジノ?!

またまた、YOMIURI ONLINE(読売新聞)の記事に驚いたけど、橋下知事の長い講演の話の中から、またいつものように面白おかしく、言葉をピックアップしているとしか思えません。過去の経験からどうしてもそう思ってしまうのです。。。

【YOMIURI ONLINE(読売新聞)】: 政治
「カジノも風俗街も大阪が引き受ける」…橋下知事
『大阪府の橋下徹知事は29日、大阪市内で企業経営者ら約750人を前に講演し、関西の活性化には都市ごとの役割分担が必要との考えを示したうえで、大阪について「こんな猥雑(わいざつ)な街、いやらしい街はない。ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい。風俗街やホテル街、全部引き受ける」と述べた。
 橋下知事は京都と奈良を「世界に誇れる観光の街」、神戸を「日本を代表するファッションの街」と位置づけ、「大阪はエンターテインメントの街でいいじゃないですか。都市で役割分担して、上がってきた税収を分ければいい」と語った。
 さらに、「大阪をもっと猥雑にするためにも、カジノをベイエリアに持っていく」と、大阪南港でのカジノ構想を改めてぶち上げた。』
(2009年10月29日23時02分 読売新聞)

gooニュースも、Yahoo!ニュースも、元は読売新聞の記事です。




この記事を書いた記事さんの、鬼の首を取ったかのような笑顔( ̄ー+ ̄)ニヤリ が目に浮かびます。
しかし、この講演を聞きに行ったのは、読売新聞だけなのでしょうか?他の新聞社はニュースになっていません。

読売新聞さんは、熱心だな~ ( ̄ー+ ̄)ニヤリ返し


ベイエリアの「カジノ構想」なんて、9月15日にあった夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会から、話し合われていることです。
橋下知事の独断で進めていることではなく、府政への意見として府民からの声も出ています。意見・回答※意見は、関西空港の有効利用としてだから、ちょっと違うかな・・・

ブログを読んで回ると、いろいろ不満の声が上がっていましたが、橋下知事は、府政に関して意見を求めているので、不満のある人は、より大阪が良くなるよう府政への意見に提言したらいいと思います。


「こんな猥雑(わいざつ)な街、いやらしい街はない」について。
猥雑とは、ごたごたしていること。雑然として下品なこと。また、そのさま。
私は、大阪の中心部が、猥雑な街であると言われても反論しません。
でも、いやらしい街とは思っていません。
(橋下知事こんなこと言わんとって下さい!)

由緒あるお寺、神社、学校の近くにもラブホ街がある。
写真を撮るにも、なるべくそれらが写らぬように撮っていることも事実。

でも、これは中心街であって、少し外れればこういうことはありません。
ひとくくりに大阪の特徴として言えることではないと思います。
でもこれって大きな都市では、どこでもこういう風に猥雑な感じじゃないですか?
それぞれが整然と分離されていますか?


「風俗街やホテルを全部引き受ける」 ←どこの地域で?
「都市で役割分担して、上がってきた税収を分ける」 ←なぜ分ける?
・・・という疑問もありますが、ベイエリア活性化のための「カジノ構想」、、、

私は、頭ごなしに反対ではなく、そうと言って積極的に賛成なわけでもなく、私なりに調査中です(^_^)v
以下は、そのメモとして残しておきます。


まず、カジノを作ろうとしているのは大阪ベイエリア(咲洲地区) 赤色の地区
お間違えなきよう!

より大きな地図で 咲洲地区 を表示




【FNNニュース】橋下知事が話す動画もあり
大阪・橋下知事、大阪府庁移転先のベイエリア活性化のため「カジノが重要な手段に」
大阪府の橋下知事が、カジノ構想に強い意欲を示した。橋下知事が大阪府庁の移転先としてもくろむベイエリア活性化のため、「カジノが重要な手段になる」と述べた。
橋下知事は「きちんと環境を整えた形でのカジノというものは、地域が金を稼ぐ重要なツールになると思っています」と述べた。
大阪府庁の移転を目指す橋下知事は、議会で買い取りが可決されたWTC(大阪ワールドトレードセンタービルディング)周辺の活性化策について、カジノをつくってにぎわいを生み出す構想を打ち上げている。
29日、大阪市で開かれた講演会で、橋下知事は大阪について、「こんなわい雑な街はない。カジノを持ってきて、ばくち打ちを集めたらいい」と発言したという
橋下知事は「関西が一丸となって、それぞれの役割分担をしたらいいと。エンターテインメントの部分をすべて大阪が引き受けてもいいんじゃないでしょうかね」と述べた。
橋下知事は「国に頼らず、地域で財源を生み出す仕組みをつくることが重要だ」と強調していた。
(10/30 13:19 関西テレビ)


※「発言したという」という書き方は、実際には聞いていない?読売新聞の記事から引用しているいるだけ? 講演会に出席した人からの情報?


【TBSの動画ニュースサイト】  News i
橋下知事「カジノ構想」、関西活性化
『大阪にカジノをつくる構想を打ち出している橋下知事が、「風俗街も大阪で引き受ける」と発言しました。関西を活性化させるためとのことですが、どこまで本気なのでしょうか。

 (Q.きのう、講演会でカジノ構想について、お話されたようですけど、博打うちを集めるとか?)
 「そこだけ取られてしまうとね。表現は講演会だったので博打うちとか猥雑(いやらしい)街とか、いろんな表現は使いましたけど」(大阪府 橋下徹知事)

 自ら大阪を「猥雑な街」と表現し、「カジノをつくり、博打うちを集めたらいい」などと話した橋下知事。

 「きちんと環境を整えた上でのカジノというものは、地域が金を稼ぐという重要なツールになると思ってます」(大阪府 橋下徹知事)

 大阪の活性策として「カジノ構想」を打ち出している橋下知事。29日の講演で橋下知事は、関西を活性化するためには都市ごとの役割分担が必要だと強調。

 歴史的な観光都市である京都と奈良やファッションの街 神戸に対し、大阪ではカジノや風俗街、ホテル街などをすべて引き受けると発言しました。

 「エンターテインメントの部分を全部大阪が引き受けてもいいんじゃないでしょうかね。早く財布をひとつにして、上がった税収をみんなで分けるという、その方向に早くもっていかないと、関西は本当に沈没してしまいます」(大阪府 橋下徹知事)

 今年7月、外遊先の韓国・ソウルで公営カジノを視察するなど、以前からカジノ構想に関心を示していた橋下知事。だが、突然の提案に市や財界からは慎重な意見が相次ぎました。

 「(カジノを)日本で最初にどこでやるべきかという話になったときに、『大阪が先に手をあげるんか?』というのがどこかにある」(大阪市 平松邦夫市長)

 「集客施設としてこれほど大きなものはないと評価がある一方で、闇社会だとか、教育的に良くないとか、そういうネガティブリストを書き出したらきりがない」(大阪商工会議所 野村明雄会頭)

 また、カジノは刑法上、賭博とみなされるため、実現には特別法を新たに制定する必要がある。そういえば・・・

 「お台場にある規模のカジノができたとすると、そこで必要とされる新たな雇用要因は1万人です」(東京都 石原慎太郎知事・2001年5月)

 2001年5月、カジノの有効性をいち早く示した石原都知事。翌年にはカジノ解禁の機運を高めようと都庁の展望台を使い、カジノイベントも行われました。

 「賛否両論ということでしょうが、やりたいというころがやれない状況はおかしい」(太田房江 前大阪府知事・2002年10月)

 今度は大阪府の太田前知事もカジノ構想に賛同。法整備や規制緩和を国に働きかけていました。しかし・・・

 「既存の法律に触れない運営を考えたけど、やっぱり無理ですな。国の頭が固すぎて」(東京都 石原慎太郎知事・2003年6月)

 国に反発され、いまだ実現には至っていません。

(Q.カジノは結構本気なんですか?)
 「本気ですよ。民主党さんはカジノを推進されている議員の方が、僕の情報では多いと聞いていますので」(大阪府 橋下徹知事)

 日本初のカジノ実現に意欲を見せる橋下知事。しかし、青少年への悪影響や治安悪化の反対論も根強く、今回の構想も議論を呼びそうです。(30日18:53)





【大阪府】
★報道発表資料
知事の出張(韓国ソウル市)の概要報告について(2009年7月20日~22日)
『セブンラックカジノ(江南店)視察
 セブンラックカジノは、韓国観光公社の子会社が運営する公営カジノである。COEXにも隣接しており外国人観光客の観光スポットとしても人気が高い。知事は、セブンラックカジノの社長にカジノ運営の収益や経済波及効果、治安上の問題や住民の不安解消への対策など熱心に質問した。知事は「大阪でも、ソウル市のようにコンパクトな都市型カジノの可能性も追求すべき。」と話した。』


※カジノというと、ラスベガスが浮かびますが、橋下知事が建てようとしているのは韓国のようなコンパクトな都市型カジノ? ここで質問した回答がどのようなものであったか知りたいです。
(参考)
7Luck Web Site
About GKL グランドコリアレジャー(株)
統一日報 「韓流の発信基地」セブンラック 観光の中心に(2)
『セブンラックの平均月間入場者は10万人。国籍別に見ると日本人が約半数を占める。次いで中華圏(中国、台湾、香港)が25%。海外永住権を持った韓国人や、米国、ヨーロッパ、東南アジアからの観光客もいる。』


まずは、遊びに行った人のブログを探してみよっと。



大阪府メールマガジン【維新通信】No.80
2009年9月16日配信
『私は、咲洲・夢洲のまちづくりに一番欠けているのは、アクセスとシンボル性だと考えています。
 咲洲・夢洲をはじめとしたベイエリアは、発展の可能性としては文句なしの一等地であり、アジアの拠点となる優れたポテンシャルを十分に有しています。
 しかし、アクセスが弱い、新幹線・名神などの国土軸につながっていない。「咲洲・夢洲」と聞いて、思い浮かべるようなシンボルがない。
 私からは、20年、30年先を見据えた大きな方向性として、梅田北ヤード、森之宮、そしてこのベイエリアをリンクさせること、既存のストックを整理して新しいストックに組み替えていくことを主張しました。このようにすれば、ニューマネー(追加的資金)が少なく済みます。
 
 また、大阪・関西に足りないものとして、コンベンション機能、特にエキシビジョン(見本市)機能の充実が絶対に必要です。確かにベイエリアにはインテックス大阪がありますが、現在の7万平方メートルでは余りに小さい。世界的には20から30万平方メートルが標準的です。「そんな大きなものを造って需要があるのか」との疑問もあると思いますが、有能なマネージャーを招聘して需要を掘り起こしていけば良いのです。アジアの成功事例ではそうしています。
 また、コンベンション施設とのパッケージとしてカジノも提案しました。平松市長は持論をお持ちのようでしたが、経済界の方には、前向きな関心を持ってもらえたと思います。世界的なコンベンションを誘致できれば、世界のVIPを対象とした、アフターコンベンションとして、カジノなどのエンターテインメント施設が近くに立地することは重要な要素。頭からカジノはダメと言わず、コンベンション機能の充実とあわせて検討して欲しいと思っています。』





【大阪市市政】
夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会
『咲洲地区
・咲洲地区については、既存機能の集積を活かすとともに、国際的な会議・見本市等の一層の誘致を進めることで、コンベンション機能の充実を図るなど、南・東アジアに開かれたビジネス交流・交易拠点の形成をめざす。
・また、経済特区などあらゆる手法を活用し、未利用地の活用を促進し、環境・新エネルギー関連企業、大学、海外機関等の誘致などをすすめる。
・さらに、まちの魅力の向上をめざし、ATC西側のR岸壁のフェリーターミナル化による賑わいの創出を図るとともに、コンテナ埠頭の再編の実現による、大型車の渋滞緩和や、ペデストリアンデッキの整備による歩行環境の改善など、良好な職住環境にも配慮した地区の環境改善を図る。』





【大阪日日新聞】
仰天カジノ構想 知事「遊べるものがいる」
2009年9月16日
『大阪府の橋下徹知事は、15日にあった夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会の席上、ベイエリア再開発に絡んだコンベンション機能強化の一環で「カジノ構想」をぶち上げた。現行法下では国内でのカジノ設置は認められていないが、橋下知事は「資料は整えている。初めからダメじゃなく、検討して」と本気モード。“仰天プラン”は今後の議論で波紋を広げそうだ。

 世界的規模の会議や展示会誘致に力を込める橋下知事は「コンベンションで人を呼び込むには、ある程度遊べるものがないといけない」とカジノ構想を提言した。

 これに対し、大阪市の平松邦夫市長は「集客、税収、雇用などでカジノの効用が叫ばれているが、カジノに対するアレルギーは非常に大きい」と慎重な姿勢。一方、経済団体の代表者らは「闇社会とか、教育的に良くないとか、ネガティブな意見はきりがない。『やるべきだ』という話ではないが、透明性を前提にした検討であれば」と述べるなど、議論を交わすことにふたをしない考えだ。
 国内でのカジノ設置をめぐっては、東京都の石原慎太郎知事がプランを打ち出していたが断念し、国に合法化を求めている。大阪でも太田房江前知事時代の2003年、構造改革特区に関してカジノ構想を検討した時期もあった。』


橋下知事「議論封殺の必要ない」 カジノ構想
2009年10月10日
『大阪府の橋下徹知事は9日の9月定例会本会議で、大阪ワールドトレードセンタービルディング(大阪市住之江区、WTC)への府庁移転に絡む咲洲地区周辺の集客対策として提唱した「カジノ構想」への批判に対し、「メリット、デメリットをきちんと検証すればいい。議論自体を封殺する必要はない」と述べ、国に経済特区の立法措置を求める意欲をあらためてうかがわせた。

 この日の一般質問で阿部誠行議員(共産)がカジノ構想について「百害あって一利なし。法秩序への挑戦だ」と厳しく指摘した。

 これに対して橋下知事は「青少年や地域住民への配慮など検討課題は多いが、アフターコンベンションの一つで観光集客や雇用促進にもつながる」と強調。メリット、デメリットを検証するとし、「どうやればうまくいくのか考えればいい。カジノ収益を地方財源に充て込み、福祉や教育に使ってもいい」と自身の“夢”の範疇(はんちゅう)を超えていない構想の実現を意欲満々に語った。

 現行法ではカジノは賭博罪に抵触する違法行為で、実現には法改正が必要。植松信一府警本部長は「仮に地域経済の活性化など一定の公益増進を図る観点からカジノを合法化する特別立法がなされれば、風俗環境の保持や青少年の健全育成、暴力団排除の対策を講じる必要がある」との見解を示した。

 また、府庁移転に伴う咲洲周辺開発について「庁舎移転を開発の道具にするな。府庁移転で勝手に企業がついてくると思ったら大間違い」との議員の指摘に対し、橋下知事は「行政と政治の失敗という負の遺産を有効活用すること、府と市がアイデアを出して活用しようというのが僕の考えで、府民の声」と反論した。』





引用し過ぎたかな・・・ 新聞サイトは日にちが経つと記事が消えるので。
YOMIURI ONLINE(読売新聞)の記事、橋下知事の「言っちまった(><;)」語録だけにカッカせず、冷静に考えるようにしたいです。



(追記)
大阪はエンターテインメントの街ということも異存ないです。
USJがあるし、お馴染みの吉本もある。上方落語も面白い。(←日本語がわからない外国人にはウケない?)
来年には新歌舞伎座も完成するし、既に国立文楽劇場もある。
四天王寺楽所の雅楽演奏なども海外の人に観てもらいたい。
2013年に完成するフェスティバルホールでは、クラシックやバレエ、 オペラのほか、ミュージカルや能狂言、邦楽、ロック、ポップスまで幅広い公演を開催。

来たついでに、歴史ある大阪の良さにも触れてくださいね。
美味しいものも食べて帰ってね。

お金持ちさんは、カジノで楽しんでお金を落としていってね。
そのお金は有効に使わせて頂きますわ(^_-)☆

金は天下のまわりもの~@

・・・のようにはいかないものなのでしょうか(-"-;


(追記)
沖縄ベンチャースタジオ|ニュース:
緊急! アンケート ~ 「沖縄カジノ」 Yes?/No? ~
2006年のものだけど、さまざまな意見が寄せられていて参考になりました。

(追記)
『大阪南港でのカジノ構想を改めてぶち上げた。』と読売新聞の記事には書かれてあります。橋下知事がソウルにカジノ視察をしたことは記事にしているけど(こちらです)、9月15日にあった夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会でのカジノ構想のことは記事にしていません。「改めて」と書かれてある通り、知っていたけど記事にする機会をうかがっていたのでしょうか?

あと、10月17日に『ハウステンボス「カジノ特区」構想、国が不採用』という記事(こちらです)も書かれています。外国人専用カジノを設置する「カジノ特区」構想が採用されなかった訳ですが、今回の橋下知事の構想も、外国人専用カジノを設置する「カジノ特区」構想なのでしょうか? 読売新聞の記者の方も、講演に参加されたのなら、こういうところをきちんと聞いて書いて欲しいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿