2009/09/27

光と音で彩る文明開化

昨日、なんとなく穏やかな空気があったので、
「晩御飯を作っておくから、夜、水都大阪2009に行ってもいい?
 アヒルちゃんは、明日までしかいないし・・・」
と、伺いをたててみると、、、

「いってらっしゃ~い!」(^-^)ノ(^-^)ノ(^-^)ノ

と言ってもらえました。ひゃっほぉ~(≧▽≦)♪

という訳で、行きたくて、行きたくてしかたがなかった、水都大阪2009の夜の部に行ってきました!

そうです、一人でです。 私は、一人がいいのです(o^-')b


まずは、泉布観特別公開「光と音で彩る文明開化」に行きました。
※泉布観は明治4年に造幣寮(現在の造幣局)の応接所として落成した、大阪市内で現存する最古の洋風建築です。明治時代の洋風建築の特色を色濃く残し、昭和31年に国の重要文化財に指定されました。


泉布観(せんぷかん)は大川に向かって建っています。
対岸から


桜宮橋(銀橋)を渡った右側です。





ライトアップされた泉布観。
内部は、以前記事にしたので(こちらです)省略します。




泉布観のバルコニーから、「旧桜宮公会堂」とライブ演奏会場を眺めると、、、


18時~21時(投影時間約3分、約20分間隔で投影)、敷地内にある「旧桜宮公会堂」の正面玄関にデジタルアート映像が投影され、光と音の幻想的な空間が創り出されます。








綺麗でしたよ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
春夏秋冬がテーマになっています。


期間は、3日間で、今日が最終日です。水都大阪2009に行かれる方は、すこし会場が離れていますが、ぜひ行ってみてください。とってもオススメです!

と、当日記事にしても、手遅れかな。。。
どなたか、twitterでつぶやいてください^^


.

0 件のコメント:

コメントを投稿