2009/07/31

天神祭 Tenjin Matsuri Festival 5

天神祭シリーズもとうとう5回目になりました。
続けて見て下さっている方がおられましたら、本当にありがとうございます。

時間的に前後するのですが、天神祭の本宮(25日)、天満宮の昼の様子をどうぞ!


えっ! Σ(・ω・ノ)ノ! と驚くくらい人がいません!!!

これは、ちょうど12:00の写真なのですが、この時急に雨が降り出したのです。
その雨の中でも拝んでいるのは、女性です。
(。-人-。) (。-人-。)   (。-人-。)
なにわ女は、信心深い~!

他の方は、この通り雨宿り。。。


女性は、日傘(雨傘兼用)を持っているのでこういう時は便利です。


この急な雨で、境内にいた人はほとんど雨に濡れない商店街に流れてしまいました。


福牛さんも、雨には「モォ~~~びっくり」です!




人が少なくなった境内で、陸渡御前の神輿などをじっくりと見ました。どうぞご覧ください^^

御錦蓋(おきんがい)
『御神霊の移御のとき行装のための重要な調度である。上部に錦の蓋を、四囲を錦の帷(とば)りで覆う。枠の上部に毒虫や害鳥を防せぎ護るため鸞(らん)と称する鳥を附けたり。』 (説明板より)


これが、(らん)と称する鳥です。講の方が、「この鳥も入れて写真を撮っときや~」と教えて下さいました。(大阪の人は親切です^^)
鸞(らん)は、鳳凰より少し下のランクの瑞獣。かなり徳の高い生き物で、鳳凰と同じように平和なときにしか現われないそうです。


菅公御佩用(はいよう)の御太刀 丑日講


鳳神輿(おおとりみこし)





玉神輿(たまみこし)







次は、近くで見たかった地車(だんじり)です。




前後の屋根の間に神座を覆う屋根を重ねた珍しい形式から「三ッ屋根地車(みつやねだんじり)」と呼ばれます。








土呂幕と呼ばれる部分には、菅原道真公に関する話の彫り物が彫られています。九州太宰府に左遷されることになって悲しむ場面でしょうか?




来年は、反対側の彫り物を見てみたいです。
ということは、陸渡御の右側にいればいいのかな~

来年の天神祭では、どんなに暑くてもお日様がカンカン照る中で陸渡御を見たいです^^


.

0 件のコメント:

コメントを投稿