2009/07/30

天神祭 Tenjin Matsuri Festival 4

コンビニのセブンイレブンでは、ポケットモンスターのスタンプラリーをしているようですね。 レジの前で子供達が大騒ぎしていました^^


私も、天神祭でスタンプラリーに参加しました。(コンビニ主催じゃなくて、大阪天満宮が主催ですよ~。)
こちらは御迎人形スタンプを集めると、『御迎人形うちわ』がゲット・・・いや、頂けます(^_^;) 詳細はこちらです。

*スタンプ台紙は、弘化2年(1845)刊行の「御迎人形一覧」を模しているそうです。 (残念ながら4つスタンプがないので、うちわはもらえません。。。)

説明が後になりましたが、御迎人形(おむかえにんぎょう)とは?
天神祭の船渡御の神様を迎えるために、周辺の町々で仕立てた御迎船の舳先(へさき)に飾られた風流人形のことです。

この船の御迎人形は、「鎮西八郎(ちんぜいはちろう)」、平安末期の武将「源為朝(みなもとのためとも)」です。この御迎人形は、近年作られた新しいものです。


江戸時代に作られた豪華絢爛な御迎人形は、とても貴重なので天神祭で船に飾られることはなく、天満宮や帝国ホテルで数体が展示されるのみになっています。しかし、「水都大阪2009」の今年は特別に、文化財指定の14体全てが6会場に展示されました。

その中で、写真を撮ることが出来た人形を紹介します^^

「鎮西八郎(ちんぜいはちろう)」、平安末期の武将「源為朝」。


「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」、天照大神の弟神。


「佐々木高綱(ささきたかつな)」、鎌倉初期の武士。(実は真田幸村)


「三番叟(さんばそう)」、能「翁」の狂言方。


「猩々(しょうじょう)」、中国の想像上の怪獣。



これは、2月の大盆梅展の時に展示されていました。
「雀踊(すずめおどり)」、奴の姿で踊る歌舞伎踊の一つ。



実際見ると、すっごく大きいですよ!

大阪歴史博物館の「関羽」「鬼若丸」「与勘平」「羽柴秀吉」は、8月31日まで展示なので、時間を見つけて行ってみようと思います。花外楼(北浜)の「安倍保名」は、展示期間が変更になったことを知らなくて、行く機会を逃してしまいました(T_T) 残念!


.

0 件のコメント:

コメントを投稿