2009/07/02

明石といえば・・・ If you say Akashi,,,

「今日は、半夏生。タコ食べて、豊作を願いましょう\(^O^)/」

魚売り場のにぃちゃんが「こぉ~てや、こぉ~てや」と言っていたので、ついつい買ってしまいました。

明石だこです♪  "Akashi" octopus


タコサラダおろしポン酢がけで、さっぱり食べました!
(注)タコスの具で作ったタコサラダでは、ありませ~ん(笑)
おいしかったぁ~(^~^)

半夏生(はんげしょう)は、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日で、農家にとっては大事な節目の日になるそうです。

関西では、田に植えた稲の苗がたこの足のように大地にしっかり根付き、豊作を願うということでタコを食べる習慣があるそうです。

でも・・・知りませんでした(;^_^A  どこの地域の習慣?



それはさておき、タコといえば、関西ではやはり明石!


大きな地図で見る

その明石海峡(Akashi-Kaikyō)を見てみましょう(・∀・)



高さ300mからの明石海峡はいかがですか?

では、ちょっと角度を変えて、神戸側! Kobe


反対の、淡路島側! Awaji Island


これは、「明石海峡大橋ブリッジワールド」という世界最長の吊橋の塔頂まで登るツアーに参加した時の写真です。

Akashi-Kaikyō Bridge(the world's longest suspension bridge)


こういうところを歩いていきます。


下を見れば・・・ 釣り船(the fishing boat) タコもいるはず!


塔頂はこんな感じです。
ガラスなしで約300mから見れるタワーは他にはないかも?
(東京タワーの特別展望台は地上約223m)


参加は、前もって予約が必要で、大人3,000円、中学生 1,500円(中学生以上のみ)と家族で行くと結構お金がかかりますが、「橋の科学館」で橋の説明を受けたり、内容が充実しています!

高所恐怖症でない方にはオススメです(^-^)/



.

0 件のコメント:

コメントを投稿