2009/06/15

梅宮大社 Umemiya-Taisya Shrine 3

今週も週間天気予報では晴れ続きです。
雨が降って欲しいですね > カタツムリさん @ノ”

梅宮大社は、残念ながら水の神様はおられなくて、御神徳としては次のようになっています。
 その一 酒造守護
 その二 授子安産守護
 その三 学業成就守護
 その四 縁結の神
 その五 音楽芸能の神
この中でも、特に「子授け」の神として信仰を集めています。
It is believed couples who pray at the shrine will be blessed with children.

本殿の横のまたげ石(丸い2つの石)は、またぐと子宝に恵まれるといわれています。


梅宮大社のご利益は、祭神 木花咲耶姫(木花=の雅称、又は梅・桜を指す)とニニギノ尊の結婚の後の即授子・安を祝って米から酒を醸した故事によるそうです。このことから、3月第1日曜には、「梅・産(うめうめ)祭」というお祭もあります。子授けと安産、諸々の産業繁栄を祈願し、行事として神酒及び神苑の梅より造った梅ジュースの無料接待もあるそうです。飲んでみたいです~(*^▽^*)

境内、庭園にもたくさんの梅の木が植えられています。もちろん、アジサイの季節には花は咲いていませんが、たくさんの実がなって、甘い匂いを漂わせていました。
ウメ(梅、学名:Prunus mume、英名:Ume)


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ヤマアジサイ(山紫陽花、Tea of heaven)
Japanese name: yama-ajisai, yama=mountain, ajisai=hydrangea.
A shrub, Hydrangea macrophylla serrata, of the saxifrage family, native to Japan.

今日は、「梅」がついた名前の山あじさいです。

紫紅梅 Shikoubai
(Japanese name: shi=purple, kou=crimson, bai=ume blossom)


梅の花のように、花びらが丸いですね。(梅の花については以前に書いたことがあります。こちらです)

同じ虹色系統なものでは、「大虹」があります。
虹色は、アジサイに対して使われる場合は、俗に言う七色の意味ではなく、青と紫の微妙なグラデーションやぼかしのことをいうそうです。

大虹 Ohniji
(Japanese name: Oh=big, niji=rainbow)


きれいですね~♪

まだまだつづきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿