2009/06/26

源ケ橋温泉 Gengabashi-Onsen(Sentō)

ようこそ、大阪へんちくりんワールドへ

京都、南極から大阪の話題に戻ります。
先週、6月19日に出かけた大阪市生野区界隈。
いろいろ面白いものがありました。
大阪弁口調で言えば、
「ぎょ~さん、けったいなモンがあってん♪」となります。
(イントネーションに注意!)

昭和12年(1937年)の建築の銭湯(Sentō)。
銭湯では初の文化庁の登録有形文化財に指定を受けた源ケ橋温泉です。

じゃん!入り口です。 
この時は営業時間前で閉まっていました。残念!


今週の薬湯は、ウコンだそうです。
えっ? 普通ですか?

じゃあ、全体をお見せしましょう。


丸窓、ガラスはステンドガラス。当時にしては、ハイカラな銭湯です。
あっ、屋根の上には・・・


なぜか、シャチホコが・・・そして、自由の女神が2体!!

自由の女神といえば、、、
ニューヨーク ・・・ にゅうよく ・・・ 入浴♪ (*゜▽゜ノノ゛☆

※戦中、よく敵国の自由の女神が撤去されなかったことですね。


「はぁ? こっちとら~江戸っ子だ! つまんねぇだじゃれにつきあってらんねぇよ!」と、突然現れた江戸っ子のおにいさん。



トーチ、日本語で言えば「たいまつ」にお気づきですか?

ジャン!





これぞ、大阪! v(^-^)v

外観だけでなく、内部も雰囲気がいいそうです。
洗い場のシャワーは独特の形状とレポートされている方もいました。
もちろんケロリン桶もあるそうです。

ぜひ、次回は「にゅうよ~く」してみたいです(^-^)


.

0 件のコメント:

コメントを投稿