2009/06/30

愛染祭り Aizen Festival

今日は、大阪の夏の訪れを告げる「愛染祭り」(Aizen Festival)の初日でした。(6月30日、7月1日、2日)



愛敬・人気・縁結びの神、愛染さん(愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん))の夏祭りで、593年に聖徳太子が開いた日本最古の夏祭りといわれています。

大阪三大夏祭り-「愛染祭り」「天神祭り」「住吉祭り」の一つです。
地元では「愛染さん」「天神さん」「すみよっさん」と呼びます。

紅白の布と愛染かつらの花などの造花で飾った宝恵駕籠(ほえかご)に、浴衣姿の愛染娘たちを乗せて、掛け声とともに練り歩く宝恵駕籠パレードが行われます。この宝恵駕籠は、芸妓(芸者さん)が駕籠に乗って愛染堂にお参りに来ていたのを再現しています。十数年前までは愛染娘ではなく、実際に北新地や今里の芸者さん達が宝恵かごに乗ってパレードをしていたそうです。

愛染娘 かわいい♪ 






    かけ声
     愛染さんじゃ、ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ♪
     べっぴんさんじゃ、ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ♪
     商売繁盛、ほぉ・えっ・かぁ~・ごっ♪



四天王寺境内での駕籠上げです♪


短いですが動画でもどうぞ♪



5時から、愛染堂勝鬘院の多宝塔で『夏越しの祓え(なごしのはらえ)の大法要』 が行われました。


雨が降ってきて、愛染娘も傘姿。
梅雨時なので、祭りの3日間の間に、一度は雨が降ります。
これを「愛染パラパラ」というそうです。
「愛染パラパラ」にあうと願いがさらに叶うそうです。



『洒水(しゃすい)の儀』
「ウン・シッチ・ソワカ」という愛染明王ご真言が唱えられる中、猊下から授けられた聖水を頂戴してお正月までの病気平癒を祈ります。



商売繁盛・愛嬌開運・恋愛成就を願って愛染娘さんたちから「花守り」と「笑顔」を受け取ります。


夜になるにつれ賑わうようですが、夕飯の支度があるので、たくさん並ぶ出店を素通りして足早に帰りました。


今日は、これが目的じゃなくて、他に用があったのですが、ポスターにつられて来てしまいました(^_^;)
石清水八幡宮の『水無月大祓』(夏越 大祓)に行こうとも思っていたのですが、結局は大阪で夏越しの祓いを受けました。

これで、暑い夏を、今年後半を、元気に過ごせるぞp(^-^)q


.

0 件のコメント:

コメントを投稿