2009/05/20

鞍馬寺 Kurama レイキ Reiki

またまた鞍馬の話に戻ります。

「鞍馬山で修行をした人は誰ですか?」
Who was the famous person to train on Mount Kurama?

という問いに、
「牛若丸!(うしわかまる、Ushiwakamaru)」と答える人と、
「臼井甕男先生(うすいみかお、Mikao Usui)と答える人で、
鞍馬に関する考え方が少し違ってくると思います。

「牛若丸」と答える私は、もちろん以前の記事(こちらです)のように、牛若丸→天狗→義経→弁慶 と連想します。日本人が一般的に鞍馬でイメージすることだと思います。

でも「臼井甕男先生」と答える人は、レイキ(靈氣、霊氣、霊気、Reiki)に詳しい方だと思います。

鞍馬山はレイキ発祥の地であり、始祖の臼井甕男氏が 修行中にハンドヒーリングの力を授かった場所としても有名です。
Mount Kurama is the sacred mountain in Japan, where Mikao Usui, the founder of Usui Reiki, first encountered Reiki.

私は、レイキについて知識がなく、また、にわか仕込みの知識で説明できるものでもないので、レイキに関連した場所の写真を紹介するのみに留めようと思います。

臼井氏が修行してレイキを授かったといわれている「大杉権現社(Osugi-gongen-sha)」。 外国のレイキマスターの方のブログで、”The Kurama room"として、この場所の写真が壁一面に大きく飾られているのを見つけ、レイキの聖地であることを実感しました。


大杉苑瞑想道場。 a spot for meditation.



鞍馬寺本殿金堂(Honden-Kondo)前の六芒星(Star of David)の中心が鞍馬寺の最高のパワースポットと言われています。2009年5月9日、この日はちょうど 「五月満月祭 (ウエサク祭)」で、中心は護摩の炉が置かれています。





五月満月祭(ウエサクさい)  ※鞍馬寺の秘儀
五月満月の日午後七時
満月に清水を捧げ心のともし火を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力をいただき、自分とすべての人々のめざめを祈る。東南アジアなどの仏教諸国も同じように行われる国際的な祭典。
第一部 地鏡浄業(きよめ)
第二部 月華精進(はげみ)
第三部 暁天明覚(めざめ)


Each year on the full moon day in May, Kurama Temple hosts the Uesaku Festival. This festival begins early in the evening until dawn of the following day. The Uesaku Festival is the only Himalayan-style full moon event in Japan.

今年のウエサク祭には、ミュージシャンのもんたよしのりさんも来られていたようです。記事はこちらです。さらにパワフルな歌を歌われることでしょう♪
私も機会があれば参加してみたいです。


六芒星(Star of David)は、僧正ガ谷不動堂(Sojo-ga-tani Fudodo)にもあり、パワースポットになっているそうです。

この不動堂の正面にあるのですが、写真では横からなのでわかりませんね。周りの杉ばかりを見上げて、ここの六芒星は見落としました。残念!


このように、鞍馬は、レイキの聖地であるようです。でも、レイキというものを全く知らなくても、鞍馬の自然の中にいると心身ともにリフレッシュできます! ぜひ京都に来られた際には鞍馬にもお立ち寄りください。


天を仰いで
悠久なる理想を懐き
高山によじて
広大なる気宇を養う
これ人界のみ許されたる
秘境なり


この日の満月は大阪から見てもとても綺麗でした。

2009/5/9 20:09


.

1 件のコメント: