2009/05/22

大阪城 Osaka Castle 風水

今回は、話があっちこっちに飛びます。でも、戻りますのでご安心を。

平安京に限らず、城を築く時にも鬼門鎮護の寺・神社が建てられたようです。

大阪城の鬼門の鎮護にあたった神社はこのようになっています。
 (赤)鬼門の鎮護: 須佐之男尊神社(通称「関目神社」)
 (青)裏鬼門の鎮護: 石津太神社
ほかにも、まだたくさんの寺、神社が鬼門鎮護にあたっています。


須佐之男尊神社(通称:関目神社)
須佐之男尊(スサノオノミコト)を祭神としています。創建年代は不明ですが、天正8年(1580年)豊臣秀吉が大阪城築城の際、この地が大阪の鬼門にあたるということから鬼門鎮護の神として毘沙門天(びしゃもんてん)、牛頭天王(ごずてんのう)を勧請し、小祠を建立したのが起源といわれています。

関目神社は街中にある小さな神社で、特に観光客が訪れるといった神社ではなく、パワースポットにもなっていません(;^_^A 近くの神社なので、朝採り卵ならぬ朝撮り写真です(笑)





さて、最初の鬼門を表す地図に、黄色の印がついています。これは何がある所だと思いますか?大阪の人、特に大阪の商売人、経営者にはよく知れた話です。

それは、パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)(旧社名:松下電器産業株式会社)の本社です。


1932年当時の従業員は1,200人余り、製造品目200余種の事業体に成長し、なお拡大の途上にあった。一部の工場を増設して増産に努めたが、注文に応じ切れなくなった。所主は将来の発展を考えて、本格的な本店・工場を大阪の東北郊外、門真地区に建設することにした。
当時は、昭和初期の恐慌の記憶がまだ生々しく残っており、7万平方メートルを超える敷地への大規模な工場建設は業界から驚きの目で見られ、放漫経営ではないかとする声も多かった。また門真地区は大阪から見て東北方向の「鬼門」に当たり、その点でも危惧の念を持たれた。
「鬼門」については所主も気になったが、「東北方向が鬼門なら日本の地形はどこも鬼門ばかりだ」と思い、建設に着手した。
(社史より引用)


創業者、故松下幸之助氏(Konosuke Matsushita)の「東北方向が鬼門なら日本の地形はどこも鬼門ばかりだ」の発想がなければ、大阪の東北部は発展しないままだったかもしれません。

抜きん出る人というのはこういう発想、決断、実行ができる人なのでしょうね。


この大阪城から鬼門にあたる方向に本社を構えた松下幸之助氏。なかなか洒落たことをされているのです。大阪城の近くに1986年TWIN21(ツインにじゅういち)というパナソニック関連のツインタワーが建設されました。


当時の松下電器の社長室から2つのタワーを眺めると、その間に大阪城が見える様に建築されたそうです。なかなか凝ったことをされますね!

「どうだ、秀吉。鬼門とおぬしが恐れた方向でも、私は成功したぞ。」と社長室から松下幸之助氏はにんまり大阪城を眺めたのでしょうか( ´艸`)

反対に、大阪城からTwin21のビルの間を見ると、そこは鬼門の方向で、Panasonicの本社が見えるということになります。今は、高層マンションも建って見えにくくなっているかもしれませんが、大阪城に行かれることがあれば、ぜひこの話を思い出して見てみてください。



(写真追加)石垣の上からだとマンションが建って見えませんでした。天守閣からだとどうでしょう?(2009年5月25日撮影)




経営の神様といわれる松下幸之助氏。自社の経営だけでなく、私財と投じて文化的、歴史的な建造物を建築、再建されています。日本各地に茶室を寄贈。有名なところでは、東京浅草のシンボルの雷門(と大提灯)も松下幸之助氏の寄進により再建されました。

大阪では、四天王寺の大鳥居を入ってどんと構える西大門(極楽門)。これも松下幸之助氏の寄進によって再建されました。自社を建てる時には、方角にこだわりを捨てた松下幸之助氏。でも、日想観の上で重要な方向に位置する西大門を寄進されたことは、こだわりどころが粋で(←いい言葉が思いつかなくて・・・汗)素敵なことに思えました。


門の内部には、番浦省吾作の釈迦如来十大弟子、武庫山出現の山越阿弥陀如来、観音勢至菩薩が描かれています。(昭和41年完成)


この絵の左から3人目のお弟子さんが、松下幸之助氏の顔で描かれています。わかりますか?



仏画では、こういう洒落たことをすることもあるようです。松下幸之助氏を経営の神様と崇める方は、拝みましょう(。-人-。)


私は、子育てのことで悩んだ時、松下幸之助氏や、斎藤一人氏などの経営者の本を読みあさり(なぜかこっちにたどり着きました)、すっかり松下幸之助ファンになってしまいました。

なので、松下幸之助氏の「日本に、鬼門なし!」の考え方に賛同し、風水にこだわらないようにしていたのですが・・・鞍馬に行き、京都を知るには風水も知ったほうが面白そう、ということになりました(^_^;)

これを期に、以前記事を書いた時(ここです)に13巻ドンと買い揃えたコミック「陰陽師」を読もうと思います! 



なんとなく手つかずになっていたのですが、昨夜読んだら面白い(・∀・)

更新が滞っていたら、「陰陽師」にはまっていると思ってください。

では、楽しい週末を!


.

2 件のコメント:

  1. 大阪城の鎮護社を調べています。
    当地の国指定史跡「隼人塚」の鎮護や卜師、中国人商人「江夏」の事らを調べていて
    同じく面白くなってついでにお城をと。。
    鬼門は説明で理解しましたが、
    南北東西はどうなんでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 南北東西、、、どうなのでしょう。随分前に書いた記事で、即答できる知識が薄れてきてしまって。申し訳ありません。

      削除