2009/04/29

大阪城の桐の花

3月24日に書いた記事「桐が見た~い!」(こちらです)の続きです。昨日は、大阪城でその桐の花も見てきました。(4月28日撮影)

キリ(桐、学名:Paulownia tomentosa、英名:Empress Tree, Princess Tree, Foxglove Tree)は、ゴマノハグサ科(あるいはノウゼンカズラ科、独立のキリ科 Paulowniaceae とする意見もある)キリ属の落葉広葉樹。

いつもは大阪城ホール側から入るのですが、昨日は大川沿いをうろうろしていたので、京橋(大阪橋)から大阪陸軍砲兵工廠科学分析場沿いに大阪城公園に入りました。大阪橋の歩道橋から見るとその敷地内に桐の木の花が見えます!(残念ながら敷地内には入れません。) しかし、歩道橋のスロープを下るところにも桐の木があり、花が咲いていました。



これは、昨年の花の実です。


咲いてる! 咲いてる! もっと近くで見れる「刻印石広場」(山里丸)へと急ぎました。

こちらでも咲いていました!!


先ほど見た花より、こちらの花の方が断然大きいです。木の樹齢によって花が大きくなるのでしょうか? 想像以上です!あまりの大きさにちょっと引いてしまったくらいです(゜д゜;)


花も大きいですが、一房が大きいのなんのって!50センチ以上はありそうな・・・


あまりの大きさに驚いて、想像していた優雅とか気品とかいうイメージがぶっ飛んでしまいました。加えて、私自身、花びらに班紋があるのはちょっと苦手で・・・



日本人として、一度はしっかり見ておきたい花でした。先に咲いた花は地面に落ちていたので、これも見頃は過ぎていると思います。

気が付かなかったのですが、鶴見緑地公園にもあるようです。意外と近くの神社・寺などにもあるかもしれませんね。



(追記)葉の写真を撮りました。(2009年5月25日)
かなり大きい葉です。でも、まだもっと大きくなるかもしれません。






これで、図案を見ても、実物を想像できるようになりました(o^-')b
日本国政府を表す紋章 「五七桐」


500円硬貨 図柄 表面:桐(きり)  裏面:笹(ささ)、橘(たちばな)

写真はWikipediaより


.

0 件のコメント:

コメントを投稿