2009/03/22

寒の戻り(かんのもどり)

今日は雨で、夕方には雷までなっていました。
雨のわりには暖かかったのですが、また寒くなるみたいです。

咲きかけた桜のなげき・・・


咲きかけた桜もびっくりしていることでしょう。

こういうのを「寒の戻り」といいます。

【寒の戻りの呼び名】
しばらく暖かい日が続いた後、ぶり返す寒さをその季節毎に違った言葉で表現します。春のはじめは「寒の戻り(かんのもどり)」あるいは「余寒(よかん)」など。

一般的に桜の季節と言えば4月、お花見に行って妙に肌寒い日もあるでしょう。この頃の寒さは、桜の花になぞらえて「花冷え(はなびえ)」と表現されています。

5月、日本列島は新緑のシーズン、時折、若葉も震えるような冷たい空気におおわれ、「若葉寒む(わかばざむ)」と言われる事があります。

また6月、北海道ではライラックの花が満開になる頃、肌寒い日が続く事があります。ライラックの別名をリラと言う事から、「リラ冷え(りらびえ)」と表現される事があるようです。

さらに季節が進んで6月から7月にもなると、日本列島は雨の季節、東風が吹き込むと、太平洋側の地方は一週間から10日にもわたって肌寒さが続いてしまう事があります。この頃は一般的に「梅雨寒む(つゆざむ)」と表現されているようですね。

このように寒の戻りと同じように寒さがぶり返す場合、季節の植物などになぞらえて寒さの表現が変わって行くんですね。
gooお天気豆知識より



気象庁のHPでは、過去の気象データの検索ができます(こちらです)。

昨年の3月4月のデータ、今年の4月のデータ、今週の週間予報からグラフを作ってみました。「寒の戻り」、「花冷え」がわかりやすいですよ^^

大阪の気温変化 (1日の最低気温と最高気温)


京都の気温変化 (1日の最低気温と最高気温)



また、海外の都市と日本の主要都市との天気比較が出来るサイトがあります。
日本気象協会 tenki.jp
ローマと日本の主要都市との天気比較


海外から日本に来られる時の服装は、こちらのサイトが参考になります。
livedoor 天気情報
大阪の重ね着指数
京都の重ね着指数


春は、その土地に住んでいる者でも、着るものに困ります(´_`。) 
春だからと薄着をしていて、ふいに寒くなると風邪を引いてしまいます(>_<) 
暖かくしておいて、暑ければ脱いで手に持っておくくらいがいいと思います(^-^)

今週は寒くなるようですが、4月になる頃には暖かくなるといいな~♪
こればかりは、まだわかりません(^^ゞ


0 件のコメント:

コメントを投稿