2009/03/05

啓蟄(けいちつ)

今日は、天気予報のお天気キャスターが必ず話す「啓蟄(けいちつ)」の日です。
啓蟄とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つ。3月6日ごろ(2009年は3月5日)。および、この日から春分までの期間のことをいいます。
大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころになります。

2009年の啓蟄:2009年3月05日(時刻:19:47 太陽黄経:345度)
2009年の春分:2009年3月20日(時刻:20:44 太陽黄経:0度)

この頃の特徴は、三寒四温(さんかんしおん)と呼ばれ、三日くらい寒い日が続き、その後、四日間くらい暖かい日が続き、これが繰り返されます。春と冬とが交互に現れるのがこの時期の特徴です。


寒い日が続いて、今日また暖かくなりました。
この暖かさも4日間くらいは続くのかな?

いい天気につられて、買い物のついでに花の写真を撮ってきました。
まだ冬? もう春? と咲く時期をみはからっている花の蕾特集です。

早咲きの桜、「寒緋桜」(カンヒザクラ)の蕾


咲いている木の花には、メジロ(Japanese White-eye)が逆立ち状態で蜜を吸っています。寒緋桜は下向きに咲くので、こういう姿になるのです。かわい~^^


これも早咲きの桜。「寒桜」(カンザクラ)かな??? の蕾


ボケ(Flowering Quince)の蕾


土佐水木 (とさみずき)(Spike winter hazel)の蕾


ヒイラギナンテン(柊南天、Mahonia japonica)の蕾


ユキヤナギ(雪柳、Spiraea thunbergii)の蕾



買い物ついでの寄り道が長くなる季節になります^^

.

0 件のコメント:

コメントを投稿