2009/01/07

七草 The Festival of Seven Herbs

1月7日、今日は、七草(ななくさ)です!

お正月、おせち調理を食べ過ぎたり、お酒の飲み過ぎで疲れた胃を休めるために、あっさりとした(かゆ)に、体にいい7種類の草を入れて食べます。
胃に優しいだけでなく、「一年間家族健康に過ごせますように」という無病息災の意味も込められています。

七草だけ湯がいて食べても苦いですが、お米、大根、かぶの甘さと混ざると、とても美味しいです。塩だけで味付けするのが私は好きです。



余談ですが、関西の人は粥(かゆ)のことを、「おかいさん(okaisan)」と言います。
どうしてなんだろ?と思って調べてみました。「これは御所の女性が使っていた女房言葉が始まりです。特別な業界用語のようなものだったのが、京都の一般の女性も真似て使うようになり、さらには男女を問わず使うようになって地域も京都を中心に関西に広がりました。」・・・ということのようです。なるほど~


その七草は、今でも自然が残っている地域では、野原で摘むことが出来るようですが、大阪の街中では無理です。。。スーパーでこのようにパックになって売られているのを買ってきます。 298円 に~きゅっぱ です(笑)



並べてみました。



七草の名前は、5・7・5・7・7 の音節でリズムよく言うと覚えやすいです♪
せり、なずな se ri na zu na
すずな、すずしろ su zu na su zu shi ro
ほとけのざ ho to ke no za
ごぎょう、はこべら go kyo u ha ko be ra
これぞ七草 ko re zo na na ku sa

せり(Japanese parsley)-消化を助け、黄疸をなくす 
なずな(shepherd's purse)-視力に良く、風邪気をさり、五臓に良い
すずな(a turnip)-音声を良くし、下痢を止める
すずしろ(a Japanese radish)-痰を止める
ほとけのざ(Lamium amplexicaule)-歯痛をなくす
ごぎょう(cottonweed)-吐き気を止め、痰を除き、熱を取る
はこべら(chickweed)-排尿に良い



土鍋でお粥を炊くと、さらに美味しくなります。


日本のこういう伝統的行事は、いろいろな云われがあって調べるととても面白いです。

落語家の春風亭小朝さんのブログでも、七草にまつわることが書かれてありました。(こちらです) 七草爪(ななくさづめ)というは、初めて知りました!

小朝師匠ブログでも書かれていますが、七草を包丁で切るときに七草囃子というのがあるそうです。(私の実家では歌いませんでしたが・・・)
♪七草 なずな 唐土(とうど)の鳥が 日本の土地へ 渡らぬ先に トントンパタリ トンパタリ ストトンパタリ トンパタリ 

これが「七草」という落語では、このようになります。これは知っています!
♪七越 泣くな ほうぼうの骨が 刺さらぬうちに 二本の箸で トントンパタリ トンパタリ


落語にも行きたくなってきました (*^▽^*)

.

0 件のコメント:

コメントを投稿