2009/01/15

十日戎 8 舞楽奉納(5) 還城楽

今宮戎神社「十日戎」の神事として1月8日に行われた舞楽奉納の続きです。一週間経ってもまだ記事が終わっていないという・・・(;´▽`A``

最後の四曲目は、還城楽(げんじょうらく)
蛇を好んで食した胡国の人が蛇を見つけ、喜ぶさまを舞にしたそうです。
『舞人は頬と顎の動くを被り、裲襠装束(りょうとうしょうぞく)を着け、右手に桴(ばち)を持ち、途中からはを左手に持って舞う。蛇を見つけた後、喜悦する状態を表現するが、とくに、その時の足の運びが面白い。』

当日は、何の曲が奉納されるのか分からないまま観ています。舞楽超初心者の私は、途中神社の方が持ってこられたものが「蛇」(もちろん作り物)であることも全く分かりませんでした。でも、その何かを見つけて喜んでいる舞だということはすぐわかりました。これが観ていておもしろいんです(≧▽≦)

その様子は写真でどうぞ!と言いたいのですが、見事にピンボケばかりでした(x_x;) いい瞬間の写真がないのですがよければご覧ください。。。

登台時。


蛇を見つける前の舞。


蛇を捕まえた後の舞。



なんと!動画を縦で撮ってしまいました(><;)
捕まえた蛇を自慢げに左手に持って降台。




「面」も「蛇」もきれいな写真を撮ることが出来なかったので、こちらのGoogle画像検索の結果を参考にしてください。


あと、舞楽奉納で残っているのは、雅楽です♪

0 件のコメント:

コメントを投稿